腰痛で立てない時の原因

腰をひねったりして、だんだん腰の痛みがひどくなり、立ち上がるのが難しくなることがあります。

その原因として、大腰筋(だいようきん)が関係していて、緊張が強くなって硬くなっているため、腰を伸ばしにくくなり腰に痛みが出ると言われています。

確かに、大腰筋は腰痛に関係があります。

しかし、大腰筋は、立ち上がるときの腰の痛みの本当の原因ではありません。

大腰筋はあくまでも2次的原因にすぎません。

ですから、大腰筋をストレッチなどでほぐして緊張をゆるめても戻りがはやく、一時的な効果しかありません。

そのことは、大腰筋のストレッチをしている人はご存知でしょう。

一次的原因は、“気”の滞りにあります。

“気”の滞り

内臓器官

大腰筋

腰痛

となるわけです。

内臓器官が大腰筋に影響を与えているのは、内臓器官の働きが落ちているためです。

そして、内臓器官の働きが落ちるのは、“気”の滞りがあるからです。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

“気”が滞ると、体の不調が起きるというのは、東洋医学の考え方です。

それはともかく、当整体院では、大腰筋をストレッチなどで調整するのではなく、“気”の調整を行って腰痛に対応しています。