ほとんどの人は反り腰になっている

腰痛・肩こりなどの症状で施術を受けに来られる方のほとんどの人は、多かれ少なかれ姿勢が反り腰の状態になっています。症状がひどくなってない人でも、反り腰になっています。

反り腰の検査

反り腰を確認してもらう検査法を考えたのですが、と言っても仰向けに寝て両手を上に挙げるバンザイ検査を立ってやるだけの話ですが。

なぜ、立った状態でバンザイ検査をやるかというと、仰向けの状態では反り腰の状態を確認していただけないからです。

施術前に自然な状態で立ってもらって、両手を肩幅の間隔を空けて上に挙げてもらうと、ほぼ全員の人が左右で挙がり方が違っています。

いったん腕を降ろしてもらって、次に上体を後ろに反らします。反り腰の状態にするわけです。

上体を後ろに反らした状態で、両腕を先ほどと同じように上に挙げると両腕の挙がり方が同じくらいになります。

つまり、両腕の挙がり方が同じようにそろった体の状態が、その人の自然な姿勢の状態なわけです。反り腰の姿勢が、その人の自然な姿勢の状態なのです。

腰を反らした姿勢では、歩きにくいのでまっすぐに姿勢を修正しているわけです。でも、修正したまっすぐな姿勢では体のどこかに負担がかかって、腰・肩・首などに症状が出やすくなります。

反り腰の姿勢が自然な姿勢ですから、その姿勢をすると体にかかる負担が減り腰・肩・首などの症状が少なくなります。

施術後、先ほどと同じように先ず立ってもらって、両腕を上に挙げてもらうと両腕の挙がり方同じになっています。

そして、今度は腰を反らした状態で両腕を挙げると、左右の腕の挙がり方が違っています。

施術前とは、腕の挙がり方が逆になります。

施術をして反り腰が改善したために、普通に立ってもらって両腕を挙げると挙がり方が同じになったわけです。

このように、反り腰の状態の改善を確認していただくと、ほとんどの方が納得されます。