体がして欲しいことをする整体施術方法

施術をやっても、体の歪みがすぐに元の状態に戻ってしまうのは、悪い姿勢が本来の姿勢であると、脳にインプットされているからと言う説明をしていることが多いです。

元の状態に戻らないようにするには、なんども調整して、良い状態を脳に記憶させる必要があるということらしいです。

この説明を読んでいると、知らない人はなるほどな思うかもしれません。もっともらしい説明ですが、本当なのでしょうか?。

私がやっている施術方法も、戻りがゼロとはとても言えませんが、他の人がやっている施術方法のように完全に元の状態に戻ってしまうということはありません。他の人がやっている施術方法と比べて、戻りは少ないです。

では、私がやっている施術の方法と、他の人がやっている施術方法はどこが違うのでしょうか。

体のことは体が一番よく知っている

結論を言えば、タイトルにあるように体がして欲しい施術を行っているから、他の人の施術方法と比べて、戻りが少ないのではないかと考えています。

体の歪みを観察して行う方法、体の動きを観察して行う方法など施術を行う方法は、いろいろなやり方があります。

どんな方法で、施術を行っても良いと思いますが、施術者の頭で考えた方法では、体の歪みは元に戻ります。例え、その方法が医学的にみて理にかなった方法だとしてもです。

私の行っている施術方法は、頭で考えたような難しい理論はありません。ただ、忠実にその人の体の要求に従って施術しているだけです。

体の要求に従って施術するというのは、その人の意志とは関係ありません。よく整体などで強くやってもらわないと効いた気がしないという人がいます。

その人の意志では強い刺激で施術して欲しいと願っているわけですが、体の要求は逆に強い刺激ではなく弱い刺激で施術して欲しいという反応が出る場合があります。

それは、体の反応を見る検査で調べると、すぐに分かります。ですから、その時は弱い刺激で施術したほうが症状は早く改善します。

体というのは、強い刺激一辺倒の施術で変化するほど単純ではありません。いろいろ施術方法を研究しましたが、結構体は複雑になっています。

体は複雑になっていますが、法則性というものがありますので、その法則性に沿って施術していけば、体は変化していきます。