姿勢(猫背、反り腰など)の調整の変化は、個人差がある

当院は、猫背、反り腰、ストレートネック(首猫背)などのいわゆる姿勢の調整を謳って施術をしていますので、姿勢の調整を希望される方が多いです。

ですが、姿勢の調整と言っても、すぐに調整結果が現れる方もいますし、そうでない方もいます。
では、なぜそのように調整結果に違いが出るのか。

過去に内臓の病気、大きな怪我を経験してると改善が遅くなる

それは、過去に内臓の病気をされたり、大きな怪我をされたりした方は調整結果が出るのに時間が掛かりますが、そうでない方はわりに早く姿勢に変化が現れます。

過去に内臓の病気をされたり、大きな怪我をされたりした方は、病気をした部位や怪我をした部位の組織が癒着している為だと考えられます。体の調整をしても、組織が癒着している部分に他の組織が引っ張られた状態になっている為に姿勢の変化に時間が掛かるというわけです。

ただ、そういう方も時間が経過していけば、癒着した組織も徐々に緩んできて姿勢の変化が現れ始めます。

時間の経過と書きましたが、どの位かかるか心配の方もおられると思います。

しかし、それはその方の癒着した組織の状態によると思いますので、いちがいに3ヶ月とか半年とか日数をお答えすることは難しいです。いずれにしても、癒着した組織が緩んでくれば、姿勢の変化が現れてくるのは確かです。