デスクワークなどで長時間座っていると腰痛になる?

長時間デスクワークなどで座っている人は、腰痛は職業病のようなものだと言われています。

そして、腰痛が起きやすくなるのは、同じ姿勢で長時間座っているために腰の筋肉・靭帯などの組織が疲労して硬くなり、血行が悪くなるからだとされています。

本当にそうなのでしょうか?

私は、そのように考えておりません。

と言うのは、毎日長時間座ってパソコン作業をしていて腰が痛くなっていたのが、当院で施術を受けられて、腰の痛みが減ってきている人が少なくないからです。

腰の痛みが減ってきている人に対して、特別なことをアドバイスをしているわけでもありません。

ただ施術をしただけです。

あいかわらず、長時間椅子に座ってパソコン作業をされています。

でも、腰の痛みが減ってきています。

もし、筋肉などの組織の疲労が腰痛の原因だとしたら理屈に合わなくなります。

私は、腰の筋肉などの組織の疲労が、腰痛の原因ではないと考えています。

腰には何の原因はないと思います。

では、なぜ施術をしたら腰の痛みが減ってきたのか?

内臓器官の働きが落ちている

腰の筋肉・靭帯の緊張が強くなる

腰痛

上図のように、内臓器官の影響を受けて腰の筋肉・靭帯の緊張が強くなっていたため腰痛が出ていました。

ところが、施術によって内臓器官の働きが活性化したため、それにともなって腰の筋肉・靭帯の緊張も緩和して、腰の痛みが少なくなってきたと考えられます。