脚の痛み・シビレの施術

脚が痛いとかシビレがあるという人がよくみえます。

現代医学では、椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・腰椎分離症など骨の問題が原因だと言われてきました。そのためか、病院では骨の問題だと診断され手術が多く行われてきました。

しかし、手術をしても症状が改善しない人、また手術をした直後は症状が好転しても、しばらくすると症状がぶり返してくる人もあるようです。

以前に比べて手術の数は減ってきているようですが、現在も多く手術が行われているようです。最近は少し流れが変わってきて、ほとんどの場合腰の周りや下肢などの筋肉の緊張が原因であると、主張する医師が出てきています。でも、そういうふうに主張する医師の数は、まだ少数のようです。

私のように整体をしている人間は、以前からそういう脚の痛み・シビレの原因は、筋肉の問題だと思って施術を行ってきました。
実際痛みを起こしている筋肉の緊張が取れるような施術をした結果、脚の痛み・シビレの症状が改善しています。

脚の痛み・シビレは筋肉を緩めても良くならない

ただ、脚の痛み・シビレに関係がある筋肉が緊張する原因が存在します。言葉を変えて言うと、筋肉が緊張したのは結果になるわけです。

ですから、結果である筋肉の緊張を直接緩めるだけでは症状が改善しないこともあります。

筋肉が緊張した原因

筋肉の緊張

脚の痛み・シビレ

ですから、脚の痛み・シビレを改善させるには、一番上の筋肉が緊張した原因にアプローチする必要があります。

現在当院では、脚の痛み・シビレに関係のある筋肉には直接アプローチすることはありません。