膝を痛めるのは筋力が弱いから?

ランニングをやって膝を痛める人が多いようです。そういう人は脚の筋力が弱いから膝が痛い、重い、だるいという症状が出ると思っている人が多いです。

筋力が弱いというのは、何を基準にして言っているのでしょうか?基準がなければ弱いとか強いとか言えないように思うのですが。

怪我や病気で長い間寝たきりの生活をしていたのなら、筋肉そのものが弱くなっているかもしれませんが、ランニングが出来るわけですから、筋力が弱いとはとても言えないように思います。

筋力が強くなっている筋肉に痛みが出る

痛くなるところの筋肉は、筋力が弱くなっている筋肉ではなく、筋力が強くなっている筋肉でしょう。

筋力が強くなっている筋肉は、緊張が強いですから、骨に付着している部分の筋肉の腱がランニングをすることによって引っ張られて、痛みを出していると思われます。

ですから対策としては、強くなっている筋肉を調整してあげる必要があります。強くなっている筋肉を調整によって弱くします。

弱くするといっても、正常な力の筋肉に近づけるのです。強くなっている筋肉は、力が強すぎるわけです。強すぎるから、それを調整するだけです。

そうすれば、筋肉の腱は引っ張られる力が弱くなるわけですから、痛みが減ります。決して、アイシングなどの処置では解決できません。

なんのためにアイシングをするのかはっきりしないから、アイシングでは解決できないわけです。目的がはっきりしていれば、アイシングを使って処置をして問題が解決するはずです。