鉢植え

腰痛は腹筋と背筋のバランスのくずれが原因

腰痛は、腹筋と背筋のバランスのくずれが原因だと言われています。

確かに腰痛の人は、腹筋と背筋のバランスがくずれている人は多いです。そのせいか、腰痛で病院に行くと、腹筋と背筋を鍛えなさいと指導されます。

でも、どのようなバランスのくずれ方をしているかも分からないのに、ただ単に腹筋と背筋を鍛えろと言われても、言われた方はどうしてよいか分からないと思います。

腹筋、背筋運動は正しくやらないと腰痛が悪化する

あなたは、腹筋と背筋のバランスがこのようなくずれ方をしているから、こういう方法でやりなさいというのなら話はわかります。ただ単にやりなさいでは、言われた方は混乱するだけです。

もっとも、普段腹筋、背筋運動をやっている人が腰を痛める人がいますので話がややこしいです。そういう人は、腹筋、背筋運動のやり方が間違っていたか、やり方は良くてもやりすぎだったかのどれかだと思います。

やり方が間違っているというのは、その人の体の状態にその腹筋、背筋運動が合っていないということです。やり方は良くても、やりすぎは駄目です。

腰に痛みをかかえている人は、早く良くなりたいですから一生懸命腹筋、背筋運動をやります。そうするとどうしてもやりすぎになってしまう傾向があります。ですからなんでもそうですが、少し足りないくらいがちょうどいいのです。

ところで、腹筋、背筋運動ですが一般にやられている方法では、体のバランスを整えていくにはちょっと大雑把と言いますか、方法がアバウトな気がします。

腹筋、背筋運動を否定する人がいるのは、その辺が原因かと考えられます。整体の技術もそうですが、体にあったやり方をすれば腹筋、背筋運動でも十分腰の痛みが改善していくと考えています。