樹木

肩甲骨・腕の筋肉が腰痛の原因のこともある

腰痛は、腰にある筋肉や骨などが原因になることもありますが、ほとんどの場合は、腰の部分以外のところが原因のことが多いです。

上半身が原因で腰痛になることもある

例えば、上半身にある肩甲骨の動きが悪くなった場合や広背筋などの腕の筋肉が原因で、痛みが出ることがあります。

広背筋は、腕の筋肉といっても骨盤に直接くっ付いていますので、この筋肉のバランスが崩れれば、腰に痛みが出るのは不思議ではないと思います。

でも、肩甲骨の動きが悪いのが原因で腰が痛くなることがあるのは、何も知らない人にとっては不思議に見えるかもしれません。でも不思議でも何でもありません。

肩甲骨まわりの筋肉は、腰とは直接つながってはいませんが、体全体の筋肉には連動性があるため、そのバランスがくずれた場合、腰の部分に影響を与えて、腰に痛みが出ます。

ですから、逆にその筋肉の連動性を上手に利用すれば、腰から離れたところを調整しても腰の痛みの原因に影響を与えることが出来ますので、症状を改善することが出来るわけです。

腰の痛みで、直接腰の部分の調整しか受けたことしかない人にとっては、なにか納得がいかないかもしれません。
でも、腰の部分の調整だけにこだわっていては、ある程度症状が慢性化してひどくなっている場合は、限界がありますので、今説明したような方法の施術も必要になってきます。

※筋肉の連動性
連動性の意味ですが、ある部分を動かすと,それに応じて他の部分も動くことです。
筋肉の場合も、ある1つの筋肉を調整すると、それに反応して他の筋肉も調整されます。
例えば、足の部分にある筋肉を調整すると、肩や首の筋肉も調整されます。

考えてみると、不思議な気がしますが、整体の施術はほとんどこの現象を利用しています。