空

病院で異常なしと言われた腰痛は本当に異常がない?

整体院に来られる方は、病院を受診して異常がないと診断されることも少なくないようです。

病院では、MRI、CTなどによる画像検査、血液検査、尿検査などを行います。

MRI検査などでは、背骨や椎間板などの異常の有無、脊髄神経に腫瘍などがないかが分かります。

血液検査、尿検査では内臓疾患の有無が分かります。

内臓疾患があると、腰痛の症状につながることがあるからです。

そのような検査をひと通り行っても、なにも異常が見られなければ鎮痛剤、湿布を渡され様子をみてくださいとなります。

症状がひどい場合は、ブロック注射をされるかもしれません。

病院の検査で異常が見つからなくても腰痛の症状が出ることが多いわけですが、病院の検査では異常が見つからなかったと言っても、症状があるのなら、必ず原因があるはずです。

整体、カイロプラクティック院などの民間療法では、病院の検査とは違った視点から体を観察して検査をします。

整体院などでは、腰痛の原因は、骨格の歪み(背骨、骨盤などの歪み)や筋肉のバランスのくずれが影響していると説明する施術所が多いです。

しかし、当整体院では骨格の歪み、筋肉のバランスのくずれは腰痛には関係なく、ほとんどが内臓からの影響で症状が出ていると考えています。