樹木

草むしりで腰痛

草むしりをする機会が多くなると、腰を痛める人が多くなります。

なぜしゃがんで前屈みの姿勢で草むしりをすると、腰を痛めやすくなるのでしょうか?

しゃがんでする作業で腰が痛くなる理由

それは、しゃがんだ状態で前屈みの姿勢になることによって、骨盤の前にある大腰筋という筋肉が影響を受けるからです。

しかし、しゃがんで草むしりをすることは、腰痛が出るきっかけにすぎません。

と言うのは、毎回草むしりをすれば腰痛になるとは限らないからです。

本当の原因は、内臓からの影響で腰の痛みが出るのです。

詳しく説明すると

内臓からの反射で大腰筋にある経穴(ツボ)に影響して、さらに大腰筋ある経穴(ツボ)から腰の筋肉にある経穴(ツボ)に反射が起きて、腰の痛みが出るわけです。

図式で表わすと

大腰筋に関係のある内臓

大腰筋ある経穴(ツボ)

腰の筋肉にある経穴(ツボ)

腰痛

といった具合になります。

施術

上記したように内臓からの影響で腰の痛みが出ていますので、それに応じた方法で施術を行う必要があります。

背骨などの骨格を矯正したり、筋肉の調整では腰の痛みは改善しにくいのです。

内臓関連の腰痛は、東洋医学で言われる“気”の流れが関係しています。

“気”は、体の内外を流れるエネルギーのことです。

そして、“気”の流れが滞ると内蔵機能の低下します。

その結果、大腰筋ある経穴(ツボ)→腰の筋肉にある経穴(ツボ)といった順番で反射が起きますので、“気”の流れの滞りを調整することによって腰の痛みも改善されていきます。