樹木

首の痛み、こり、はり

急に首の痛み、こり、はりが出たとか、だるい、重いという症状は、事故やスポーツなどで首を痛めたという記憶がなければ、どこか他のところが原因のことが多くあります。

例えば過去に足首を痛めたことがあれば、痛めた足首に関係する筋肉の緊張に影響を受けて、首の筋肉が緊張し首の痛みが起こります。ですから、その場合は首の筋肉をいくら調整しても、首の症状は改善しません。

しかし、過去に足首を痛めたことがあると云っても、首の症状の原因が、足首にあるということは断言することはできません。

どこか他の所が原因である可能性もあります。それこそ思わぬ所が原因であるかも知れません。そうなると原因を特定することが非常に困難になります。

施術は原因の部分が良くならないと症状は改善しない

しかし、原因のところを施術しないと症状は改善されません。

そこで考えたのが、原因がどこであっても、体を施術することによって、原因のところに刺激が及ぶようにすればいいのではないかと。

要するに、体を施術すると原因のところが刺激されて、その部分が調整されれば、その影響を受けている首の部分の症状が、良くなるということです。

実際に施術をやってみると、この考え方は間違っていませんでした。
ちゃんと施術効果が出ました。

そして、その施術効果も予想以上にあることが分かりました。
首以外のほかの症状でも同様です。

首の痛みを軽くする簡単な方法

首を左右に回して痛みがある時

まず、右と左に首を回してみて、回しやすいほうと回しにくいほうを調べます。

調べてみて、仮に左に回しやすくて、右に回しにくいということでしたら、最初にゆっくり左に回して、その後にゆっくり右に回します。

これだけです。これだけのことをやるだけで、軽い首の痛みなら楽になります。

もう一度おさらいしておきますと、向きやすいほうへ最初に首を回して、その後に向きにくいほうへ首を回すだけです。

首を前と後に倒して痛みがある時

上の方法と同じように、前と後ろに首を倒してみて、前に倒しやすくて、後に倒しにくい場合は、最初に倒しやすい前に倒して、そして倒しにくい後に首を倒します。

この方法の注意点
1.回しやすい方に首を回した後に一度正面に戻しますが、正面に戻してすぐに回しにくいほうに首を回すのでなく正面に戻した後、少し時間(例えば5秒とか)をおいてから回しにくい方へ首を回したほうが効果が出ます。

前と後に倒す時も同じ要領です。
2.それから、首を動かす時はできるだけゆっくりやってください。

この方法、気がついている人がいるかどうかは分かりませんが、知らない人もいると思いましたので書いておきました。
首の痛み関連記事