パソコン操作をする女性

パソコン操作と肩こり

肩こりがするのは、姿勢が悪いせいだと言う人があります。例えば、パソコン操作をする時どうしても前屈みの姿勢になります。その前屈みの姿勢を長時間続けると、肩こりになるということらしいです。

パソコン操作で肩がこるのは姿勢の悪さだけではない

しかし、前屈みの姿勢でパソコン操作をしても肩がこらない人もいます。全員が全員、前屈みの姿勢でパソコン操作をやっても肩がこるわけでないわけです。そうなると、姿勢が悪いから肩こりが起こるという理屈に合わないことになります。

例外があってはいけません。前屈みの姿勢でパソコン操作をやると全員の人が肩こりにならないと、肩こりになるのは、姿勢が悪いせいだという理屈が成り立たなくなります。

最初から猫背の人がいます。こういう人は姿勢が悪いわけですが、猫背の人は逆に良い姿勢をしようとして背筋を伸ばしてパソコン操作をやればどうなると思いますか?

多分、身体がしんどくてどこかが痛くなります。猫背の人は、悪い姿勢をしている方が身体が逆に楽なわけです。

それを無理して良い姿勢を続ければ、かえって調子が悪くなります。肩もこってくるかもしれません。

ですから一概に悪い姿勢を続けると肩がこるという理屈は間違いなわけです。ただ、猫背の人は、肩こりがしなくても他のところに症状が出ているかもしれません。

肩こりが出る人は、過去にむち打ちをやったとか、どこかの病気をしたということがあると思います。なにもなければ、肩がこるということはありえません。
肩こり関連記事