膝が硬いと腰痛になる?

膝が硬いと腰痛の原因になると言われることがあります。

膝が硬いというのは、太ももの裏側にある筋肉(ハムストリングス)が緊張により硬くなっている状態です。

でも、膝が硬いから腰痛になるのではなく、腰痛の症状が出ているから膝が硬くなっているのです。

ですから、腰痛予防のために筋肉をストレッチでほぐしておく必要もありません。

仮に日頃からストレッチをしておいても腰痛になる時はなります。

ストレッチはなんの意味もないわけです。

では、なぜ腰痛の症状が出ているとが膝が硬くなるのでしょうか?

内臓の働きが悪くなり、その影響で筋肉が緊張して硬くなり腰痛の症状が出ているのです。

この現象は内臓筋肉反射と言います。

一般的に太ももの裏の筋肉が硬くなるのは、日頃座る時の姿勢が悪いからだとされています。

座る姿勢が悪いと、骨盤が後ろに傾くためハムストリングが縮んでしまうので、血流が悪くなって硬くなるということらしいです。

でもそうではなく、上で書いたように内臓の働きが落ちているため、内臓と関係のある筋肉が影響を受けて緊張して硬くなっているのです。