肩こりの女性

肩の施術

肩の症状がある人に時々、肩はどうなっていますかと聞かれることがあります。

当院では肩の症状があっても、肩の症状とは関係のないところを触って施術をしますので、こういうことを質問されるのだと思われます。

肩の症状の原因は、別のところにあることが多いのですよと説明しても、なかなか納得していただけない場合もあります。

確かに肩に症状があれば肩が悪いとお考えになるのは、普通の感覚かもしれません。

肩こりでも体全体を考慮する必要がある

しかし、肩の症状の原因として、左の肩や腕に症状がある場合、心臓の働きが悪くなって症状が出ることがあります。

また、右の肩の症状の場合、肝臓の働きが悪くなって症状が出るときがあります。

その他、胸郭出口症候群のように肩の部分の筋肉・関節の働きが悪くなっている場合もあります。

しかし、左の肩に症状がある時に心臓・肝臓の働きに関係する筋肉、肩の部分の筋肉・関節の部分を、施術しても症状に変化がない時があるのです。

逆に腰・ヒザ・足の筋肉などを施術すると、肩・腕の症状が変化することもあります。

ですから、肩・腕の症状といっても、全身の状態を考慮して施術する必要があるのです。

それは、肩の症状だけでなく腰・足の症状も同じことが云えます。