ランニングをする男性

スポーツは腰痛になりやすい?

スポーツをすると、健康になると思っている人が多いようですが、プロスポーツ選手を見れば分かるように、スポーツ選手は腰痛になる人が多いです。

野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、テニスなどの球技、柔道、レスリング、空手、相撲などの格闘技を初め、あらゆるスポーツ選手で腰痛を経験します。

スポーツをすると腰痛が出る理由

では、なぜスポーツ選手に腰痛が多いのでしょうか?スポーツは、元々娯楽の1つで楽しむためのものだったはずだと思います。

ところが、勝ち負けにこだわると、どうしても体に大きな負担がかかるような、ハードな練習をするようになります。

特に競技の中でパワーを必要とする場面が増え、それを実現するために筋力トレーニングを行うようになりました。

確かに筋力トレーニングをすると、パワーが付いてパフォーマンスが上がり勝ちやすくなります。

でも、バランスよく筋肉を鍛えることは難しいです。どうしても、偏った筋肉の発達の仕方になります。偏った筋肉の発達の仕方をすると、体の歪みが大きくなります。

体の歪みが大きくなると体に負担がかかり、どうしても痛みが出やすくなります。

ですから、一般の人がスポーツをする場合は、あまり勝ち負けにこだわらずに、楽しんで欲しいと思います。そうすれば、腰に痛みが出たとしてもそんなにひどくはならないと思います。