スマホを操作する男性

スマートフォン(スマホ)の使用による首、肩、腕の痛み

最近スマホが普及してきて、肩、腕の痛みを訴える人が増えています。

原因としては、下を向いてスマホを操作するので、首、肩、腕の筋肉に負担がかかることと、そして手指の使いすぎによって症状が出ると言われています。

確かに、長時間下を向いた姿勢を続け、手指を使いすぎれば、首、肩、腕の筋肉は疲労が蓄積します。その結果、首の痛み、肩こり、肩が痛くて上がらなくなる様な症状が出ます。

症状の基となる原因を施術することが大事

しかし、そのような動作の繰り返しは、症状が出るきっかけに過ぎないと考えます。

本当は、過去の怪我、病気などの影響で、体のあちこちの組織に癒着が起き、その結果体に歪みが発生し、同じ動作の繰り返しにより、筋肉の疲労が蓄積し首、肩、腕に症状が出ていると考えられます。

仮に、スマホを操作する頻度を減らせば、首、肩、腕の痛みは減るでしょう。

でも、体のあちこちの組織の癒着が原因の体の歪みがそのままでは、スマホを操作する頻度が増えれば、また首、肩、腕の痛みがひどくなる可能性があります。

ですから、原因である体の組織の癒着を減らし、体の歪みを改善させる必要があります。

肩こり関連記事