腰痛体操

腰痛体操はいつからできるの?

腰痛体操をやりたくても、いつからやっていいのかわからないという人もいると思います。
腰痛体操もやり方によって始める時期が違います。

腰周りの筋肉を中心にほぐす場合

体操をやる時に痛みが走って出来ない場合は、痛みが軽くなってから体操をやったほうがいいかと思います。
痛みがひどいのに無理に体操をやれば回復が遅れる可能性があります。

腰以外の筋肉をほぐして腰痛を改善する場合

腰痛体操と言うと、腰の周りの筋肉を直接ほぐす目的でやる人が多いですが、腰から離れた部分の筋肉をほぐしても、結果的には腰痛に影響を与えますので腰痛体操になります。
この場合は、腰痛がひどくてもすぐにでも出来ます。

腰から離れたところを体操する方法としては、首を動かす腕、手首などを動かすなどの方法があります。
なぜ腰に痛みがあるのに、首を動かしたり腕、手首を動かしたりするのか疑問に思われる人もあるかもしれません。

実は、整体の施術も上記のような考え方でやる人が多いです。
私のやっている施術法もこの考え方に基づいています。

それはともかく、痛みがある腰から離れた首、腕、手首を動かすと効果がありますが、動かし方が良くないと、逆に症状を悪化させることがありますので注意が必要です。

腰痛体操をやって症状を悪化させたという話を聞きますが、だいたいやり方が間違っているか回数を多くやっていることが原因だと思われます。

少し足りないかなという位で止めて置いたほうが、逆に良い結果が出ることが多いです。