腰のマッサージ

仙腸関節と腰痛

仙腸関節は、骨盤にある腸骨と仙骨という骨の関節です。

関節と言っても、肩関節や股関節のように動く範囲は大きくなく、わずかに(数ミリ)動くだけです。

仙腸関節に変位(ずれ)があると、腰痛の原因になるとされています。

しかし、仙腸関節に変位(ずれ)があったとしても、直接的には腰痛の原因にはなりません。

ただし、間接的には腰痛に関係しています。

では、直接的な腰痛の原因はなんでしょうか?

それは、内臓からの影響です。

内臓から影響で腰痛の症状が表れるわけです。

筋肉は、内臓と関連があり、内臓の働きが落ちてくると、内臓から影響を受けて筋肉の緊張が強くなり腰痛などの症状につながります。

ですから、施術によって仙腸関節の変位を矯正すると、筋肉の過緊張も改善し腰痛の症状にも変化が表れます。

でも、一般に行われている仙腸関節の矯正では、施術効果が持続せず腰痛の症状の改善は一時的な結果に終わってしまいます。

と言うのは、神経に作用させているからです。

持続性のある施術にするには、神経に作用させるのではなく別の方法で調整を行う必要があります。

その方法とは、東洋医学でよく言われている“気”の調整です。

“気”の調整をすると、仙腸関節の変位も矯正され、内臓からの影響による腰の筋肉の過緊張も緩和しますので、腰痛が改善していきます。

しかも、持続性が高いのです。