整体手技

腰痛は背骨(腰椎)を調整すると改善する?

他の整体院では、背骨(腰椎)を直接調整すると腰痛が改善すると謳っています。

背骨の中には脊髄神経が通っていて、その脊髄神経から枝分かれして末梢神経(腰髄神経)が内臓、筋肉などに走っています。

背骨に対して刺激を加えると神経が調整されて、内臓、筋肉の緊張が緩和し、腰の痛みも和らぐというものです。

カイロプラクティックでは、背骨の一個一個の骨(椎骨と言います)のズレの方向をスタティックパルペーション(静的検査)、モーションパルペーション(動的検査)などの検査法で細かく調べ、椎骨に直接アプローチしてアジャスト(調整)します。

背骨(腰椎)を直接調整すると腰痛が良くなるかは疑問

でも実際の施術では、直接背骨(腰椎)を調整してもなかなか理論どおりに結果が出ないです。

ですから、背骨を直接調整する施術者も、施術をして思うように腰痛が改善していかない場合は、他の施術法を使って背骨以外の体の各所を調整します。

その方法にはいろいろな方法があります。

ざっと挙げると

頭、首、肩、肩甲骨、上腕、前腕、、手、手の指、肋骨、骨盤、大腿、下腿、足首、足、足の指と体じゅうどこを調整しても、一定の効果があります。

ただし、その中で効果が一番出る部位は限られてきます。

とは言え、腰痛の症状は腰椎の部分が調整されないと改善していきません。

上記したように脊髄の腰髄神経から腰周りの筋肉に走っているからです。

腰椎の部分の調整として、直接に腰椎にアプローチするか間接的にアプローチする違いがありますが、私の考えとしては間接的にアプローチしたほうが結果が出やすいと思っています。