ゴルフをする男性

ゴルフの腰痛

スポーツをやって腰を痛める人は少なくないですが、ゴルフも腰を痛めやすいスポーツだとされています。

正しいフォームでスイングすれば腰痛になりにくい?

ゴルフで腰を痛める一番の原因は、スイングによる腰の筋肉疲労だと言われています。

そのため、スイングをする時の腰にかかる負担を少しでも減らすために、スイングする時のフォームを身につけようとレッスンを受けたりして練習します。

一流のプロでしたら、その選手の体に合ったスイングフォームでプレイしているでしょう。

そのため、腰にかかる負担が少なく腰痛になる確率があまりないでしょう。

しかし、一流プロでも腰痛になる人はたくさんいます。

スイングによる腰の疲労は腰痛とはほとんど関係ありません

私は、スイングによる腰の疲労が腰痛の原因だとは考えていません。

別の原因があると思います。

その別の原因とは?

その原因は、ゴルフのプレイとはまったく関係ないことにあります。

それは、内臓からの影響によって腰の筋肉が緊張し、腰に痛みが出ているのです。

腰周りにはたくさんの筋肉があります。

そのたくさんの筋肉一つひとつは、それぞれ内臓器官と関連があり、その内臓器官からの反射により痛みが出ているのです。

この現象を内臓ー筋肉反射と言います。

では、なぜ内臓ー筋肉反射という現象が起きて腰痛が出るのでしょうか?

図式でしめすと下のようになります。

内臓器官の働きが落ちる(過剰なエネルギーがたまっている)

内臓器官と関連のある筋肉にあるツボ(経穴)から過剰なエネルギーが放出(腰の痛みが出る)

内臓器官の働きが回復

腰の痛みが解消

※過剰なエネルギーがたまっているというのは東洋医学で言われる“気”の流れの滞りをさします。

施術

上のように内臓の働きがそれほど落ちていなければ、過剰なエネルギーも少ないです。

ですから、過剰なエネルギーが放出されれば、何もしなくても腰痛は自然に回復します。

しかし、そうでない場合は、過剰なエネルギーもたくさんたまっています。

そういったケースでは、体を調整して過剰なエネルギーの放出を助けるような施術をすると腰痛も回復しやすくなります。

ただし、単に腰の骨(腰痛、骨盤)を物理的な力で押したり、腰の筋肉を調整したり、それから電気をかけたり、テーピングなどをしても過剰なエネルギーの放出も助けにはなりにくいです。

 

※当院には可児市だけではなく多治見市、美濃加茂市などの地域からもお越しになられます。