整体の目的と役割

整体の目的

整体は体を整えると書きます。

整体という言葉を辞書で調べてみると、「手や足の力を用いて骨格を矯正し、筋肉や内臓など各部のバランスを整えて、本来の状態に戻すこと」とあります。

整体を受けられる方は、施術は体を真っ直ぐにすることだと思っていらっしゃる方が多いかもしれません。

しかし、施術はあくまでも「本来の状態に戻すこと」が目的になります。

けっして体を真っ直ぐにすることではありません。

あくまでも「本来の状態に戻すこと」です。

「本来の状態に戻すこと」の意味は解釈によって、いろいろな意味に取れるかもしれません。

私は、「本来の状態に戻すこと」とは「その人の一番調子が良かった時まで戻すこと」ではないかと解釈しています。

「本来の状態に戻すこと」を目標として施術しその結果、痛み、シビレなどの症状が改善し悪くなった姿勢が良くなっていくと考えています。

整体の役割

整体と言うと、皆さん今ある症状をなんとかしたいと思って来られているでしょう。

確かに、施術師の仕事はその期待に答えること以外にはありません。

でも、あまり症状にばかりこだわり過ぎるのもどうかと思います。

と言うのは、ちまたにある整体院、カイロプラクティック院などは、症状に焦点を当てて施術するものですから、完全に対症療法ばかりになってしまっています。

確かに、症状に対して施術しますから、その場で症状が消えることが多いです。

でも、その方法はあまり持続性がありません。持続性がありませんから、何回施術してもその繰り返しになってしまう、恐れがあります。

でも、本来の整体とはそういうものではありません。

体にある器官の機能が落ちた結果、症状が出ているだけなのです。

ですから、機能が落ちた器官の働きを高めるようにすればよいのです。

そうすれば、症状改善も一時的でなく持続するようになっていきます。