カテゴリー別アーカイブ: めまい

めまい

めまいの種類と症状、原因

回転性めまい

【症状】
・自分の周りや景色がぐるぐると回っているような感覚になる

・吐き気を伴うことが多い

・立っていられない

・まっすぐ歩きにくい

・耳鳴りや難聴を伴うこともある

【原因】
回転性めまいの原因のほとんどは、耳にあります。耳の穴の奥の方にある内耳は、体のバランスを保つ機能があります。

そのため内耳に障害が起きると、回転性めまいの症状が出ることがあります。

内耳には、平衡感覚を司る器官である三半規管、頭や身体の傾き具合を感知する耳石器があります。

三半規管、耳石器から情報を得て、その情報を前庭神経を介して脳に送られます。

その通り道で異常が起こると体のバランスがくずれてめまいの症状が出ます。

動揺性めまい

【症状】

・頭、体がぐらぐらとゆれているような感覚

・ふらつきを感じる

・吐き気、動悸、呼吸の乱れ、呼吸が苦しく感じる

【原因】
動揺性めまいの原因は、脳(脳幹、小脳)にあります。

脳幹-平均感覚、呼吸心拍、血圧、嘔吐反射をコントロールしている。そのため、脳幹の機能低下などにより動揺性めまいの症状が出る。

小脳-体の微妙な動きをコントロールしている。

小脳の機能低下が起こると、バランス感覚が悪くなり転びやすい、まっすぐ立ったり歩くことが難しくなるなどの症状が出る。

浮動性めまい

【症状】
・体がフラフラするように感じる

・症状が急にあらわれる場合もあれば、徐々にあらわれる場合もある

・回転する感じや耳鳴り、難聴はおこらないため症状自体は軽め

激しい頭痛がある、手足がしびれる、ろれつがまわらない、といったそ症状がある場合は要注意。

この点で良性発作性頭位めまいと違って、体の向きを変えたりしても、症状の変化がない。

めまいの症状が、繰り返しおこったり、横になって体を休めても、長時間治まらない。

【原因】
脳の異常、 全身的な異常、自律神経の乱れ(過労、精神的ストレスなど)からくるとされていますが、特定するのが困難

高血圧、眼、神経、自律神経失調症、更年期障害、 中枢神経、脳幹や小脳の異常、脳神経障害、脳腫瘍など

立ちくらみと乗り物酔い

【症状】
・急に立ち上がった時にクラっとしたり、目の前が暗くなったりする症状が起きる
・長湯をした後、風呂から出る時に起こることもある

【原因】
回転性めまい、動揺性めまい、浮動性めまいでは、内耳が関連してめまいの症状が起きますが、立ちくらみの場合は、内耳が原因ではなく、脳の一時的な虚血状態が原因してめまいが起きます。

通常は姿勢が変化しても、血液が全身に回るように自律神経が血圧を調節しています。

でも、自律神経の乱れが起こると、血圧の調整が上手くいかないため、脳への血流量が不足する場合があり、その結果めまいが起こります。

めまいの症例

めまいの関連記事
肩こりがあるとめまいが起こる?

めまい(首からくるめまい)

背骨を矯正するとめまいは良くなる?

めまい(歩行時のふらつき)