肩こり」カテゴリーアーカイブ

腱板損傷と肩の痛み

肩の腱板とは、肩の関節にくっついている(肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)の4つの筋肉の総称です。

腱板は、肩関節を安定させる役目があります。

そして、肩腱板損傷をするのはスポーツ、事故、肉体労働によることが多いです。

その他、肩の痛みに関係なく50歳以上の4人に1人が腱板損傷があるという調査結果があります。

肩腱板損傷の原因と症状

原因

腱板損傷(断裂)は

・外傷によるもの

・腕の繰り返し動作によるもの

といったものがあります。

外傷による損傷(急性断裂)

スポーツ中の怪我や交通事故などによって腱板に急激に大きな力が加わり損傷が起きます。

腕の繰り返し動作による損傷(変性断裂)

変性断裂は、言ってみれば老化現象が関係していると考えることができます。

それに加えて、腕を繰り返して使うことによって腱板に負担がかかり損傷します。

症状

・肩の運動障害

・運動痛(痛みがあっても肩を挙げることは可能のことが多い)

・夜間痛

などがあります。

当院の考え

腱板損傷(断裂)があっても、肩の痛みが出るとは限りません。

何の症状もない人も少なくありません。

年齢と共に体のあちこちが衰えてきます。

腱板損傷(断裂)だけではなく、膝の半月板の損傷、軟骨のすり減り、背骨にある椎間板、靭帯、関節の変形などが起こります。

これらの現象は、老化現象です。

整形外科では、これらの老化現象は、痛みが出る原因になると言っています。

仮に、老化現象によって痛みが出るとしたら、矛盾が生じてきます。

というのは、常時痛みが出るわけではないからです。

また、温めたり、冷やしたりすると痛みが消えたりしますので理屈に合いません。

当院では、別の原因で痛みが出ていると考えています。

その原因は、内臓の影響です。

内臓は、筋肉と関連がありますので、内臓の機能が低下するとその影響で筋肉の緊張が強くなり痛みなどにつながります。

肩腱板損傷の対処

病院での対処

病院では、保存療法と手術療法で対処します。

・消炎鎮痛剤などの薬物療法

・ステロイド薬やヒアルロン酸などの注射

・手術

当院での対処

上記したように、腱板損傷による肩の痛みは、内臓の機能低下の影響によるものです。

内臓の機能低下は、東洋医学で言われる“気”というエネルギーの滞りが関係しています。

ですから、当院では“気”の滞りを整える調整を行って肩の痛みに対応しております。

肩をぶつけて腕が痛くて上げにくい

葉っぱ

昔近所に住んでいて時々来ていた人が、10数年ぶりに来られました。

10数年前に引っ越していかれてから以来です。

どこが痛いの?と聞いてみると、梯子で足を踏み外して肩をぶつけて腕が痛くて上げにくいという事でした。

仕事で荷物の積み下ろしがあるので、仕事に差し支えるといけないのでということで来られました。

こういった外傷の場合は、先に整形外科に行ってもらうのがいいのですが、それほど症状がひどいわけではないので、うちに来られたのでしょう。

腕の筋肉の損傷で痛みが出ているのですが、当院の施術はこういった症状にはどちらかというと強いほうです。

他の整体院ですと、痛みのある腕に対して施術をすることが多いでしょうが、当院では腕に対してはなにもしません。

痛みのある部分に対して調整でなにか手を加えると、痛みを悪化させてしまう危険性があるためです。

筋肉が損傷しているわけですが、手術を要するような損傷は別として基本的には、自然治癒をするのを待つだけです。

ですから、施術では自然治癒を早めるような環境を作るだけです。

膀胱の働きがよくないと肩こりが起きる場合もあります

肩甲骨と首の骨(頚椎)に付着している肩甲挙筋という筋肉があります。

肩こりの症状がある人は、この筋肉の部分が緊張して症状が出ることが少なくありません。

肩甲挙筋は、名前の通り肩甲骨を引き上げる働きがあります。

そして、肩甲挙筋は膀胱と関連があります。

ですから、膀胱の働きが良くないとその影響で肩甲挙筋が緊張して、肩こり、首の後ろの部分が痛くなることが少なくないです。

もし、膀胱からの影響で肩甲挙筋が緊張して、肩こり、首の痛みが出ている場合、いくら症状ある部分を調整しても、あまり意味はありません。

一時的に症状が和らぐだけで、また症状がぶり返してくることでしょう。

肩こり、首の痛みを改善に導くには、当然ながら膀胱の働きが良くなっていくような施術をしていく必要があります。

と言って、肩こり、首の痛みがある時に症状がある筋肉と関連のある膀胱に関係しているツボを操作しても、症状が改善するとは限りません。

まったく関係のない部分のツボを操作したほうが、症状が改善されることのほうが多いです。

その辺が体の調整することの難しさがあるわけです。

肩こり関連記事

肩こりでお困りの方へ

パソコン操作をする女性

肩こりと姿勢の悪さは関連がありません

仕事やパソコン作業をする時、前かがみの姿勢を続けることが多いですが、そういった前かがみの姿勢は、肩こりの原因になると言われています。

肩こりの原因になるのは、首や肩などの筋肉の緊張が続いて血行が悪くなるためだとされています。

しかし、前かがみの姿勢を続けたとしても肩こりの原因とはなりません。

確かに、同じ姿勢を続けると血行が悪くなりますが、コリや痛みの原因にはなりません。

血行が悪くなるから症状が出るのではなく、肩の筋肉にある痛みやコリを感じるセンサー(受容器)が刺激されるためです。

センサーの部分はツボと言われるところです。

そのツボの部分に過剰に電磁波(気)がたまって、刺激されるため痛み、こりを感じます。

では、なぜツボの部分に過剰に電磁波がたまってしまうのでしょうか?

それは、肩の部分にある筋肉と関連している内臓器官からの反射が起きるためです。

肩こりが起きるしくみ

“気”の滞り

肩の筋肉と関連のある内臓器官の機能の低下

反射が起きる

肩の筋肉にあるセンサー(受容器)に過剰な電磁波がたまり刺激される

肩こり

そのようなわけですから、施術は“気”の滞りを整えていく調整をします。

肩こり関連記事

肩こりの女性

肩こり・頭痛・首の痛みと筋肉のしこり

肩こり・頭痛・首の痛みなどの症状で、マッサージや整体などに、定期的に通っていらっしゃる方は多くおられると思います。

施術をしてもらった時は楽になるけど、しばらくするとまた症状が出てくるという方。

慢性の肩、頭、首の症状がある人は、首の特定の部分が関係してる

そういう方は、頚椎1番・4番(首の骨の上から1番目と4番目の骨)の際が、カチカチに硬くなってしこりになっていると思います。

実は、そのふたつの骨は、肩こり・頭痛・首の痛みに関係のある部分の骨なんです。

そのふたつの骨の硬くなったしこりの部分を調整すれば、その時はしこりがほぐれて、肩こり・頭痛・首の痛みは楽になります。

しかし、しばらくするとまた症状が出てくる。頚椎1番・4番の際を触ってみるとまた硬くなっている。

二つ骨の際の硬いしこりの部分を調整しても、また元の硬い状態に戻るということは、それら骨の際の硬いシコリが出来る原因は、その部分にはないのです。

体のどこか別のところに原因があるのです。

その原因のところを施術すると頚椎1番・4番の際のシコリが軟らかくなります。

早い人ですと1~2回の施術で効果が出ます。

そして、シコリの軟らかい状態が長く持続します。

肩こり・頭痛・首の痛みが楽な状態も持続します。

ただ、内臓の働きが相当悪くなっている方の場合は、首のしこりが軟らかくなるのに時間がかかることがあります。

※頚椎と関係のある症状

頭痛・首の痛み・肩こり・不眠症・血圧の異常・めまい・眼、耳、鼻の症状、腕の痛み、シビレなど

肩こりの男性

肩こりで、肩に原因がない?

肩が凝ると、マッサージで肩を揉んでもらう人が多いようです。

肩をマッサージしてもらうと、筋肉がほぐれますので肩が楽になります。

しかし、肩こりが慢性化している人は、肩をマッサージしてもらって2~3日は楽なようですが、また凝ってくるということが多いようです。

なぜ、肩をマッサージしても2~3日位しか楽ではないのでしょうか。

仮に肩の部分に肩がこる原因があれば、上手に調整していけば肩のこりは減っていくはずです。

しかし、いくら肩の部分をマッサージしても、しばらくの間だけしか肩が楽ではないということは、肩の部分には原因がないという可能性があります。

たまたま、肩の部分に凝りが出ているだけだということになります。

肩こりの人は、内臓不調の影響を受けている

肩、首にコリがある人は、横隔膜のあたりが硬くなっていて、お腹の部分を触ると、硬くなっている部分があります。

また、鎖骨の周りも敏感な人が多いです。

鎖骨の周りが敏感というのは、鎖骨の周りを軽く押しただけで、痛みがあるという意味です。

鎖骨の周りが敏感な人は、体の後ろ側にある肩甲骨の周りも緊張が強いですから、軽く押しただけでも痛みがあります。

このように鎖骨の周り、肩甲骨の周り、横隔膜、お腹が緊張して硬くなっているのは、消化器系など内臓の働きが悪くなっていて、その影響を受けているわけです。

内臓の働きが悪くなって肩が凝っている人は、肩のコリが解消するまで一般的に時間がかかります。と言うのは、内臓の働きが良くなるには時間がかかるからです。

内臓の働きが良くなってくれば、鎖骨の周り、肩甲骨の周り、横隔膜、お腹が緊張して硬くなっているのもほぐれてきて、その結果肩のこりも減っていきます。

肩こり関連記事