腰痛」カテゴリーアーカイブ

腰痛に足首の歪みが関係している?

整体などの民間療法では、西洋医学と違って腰痛などの痛みは、体のいろいろな部分が関係しているとしています。

その1つとして、足首に歪みがあると、筋肉のバランスの関係で骨盤、背骨に影響があり、腰痛につながるという考え方があります。

足は体の土台だから、歪みがあるといろいろな影響が出るということなのでしょう。

確かに、構造的に見れば足は土台にはちがいありません。

足首の歪みと腰痛は関係ありません

でも、足首に歪みがあっても腰痛が起きない人はいくらでもいます。

もし足首の歪みが腰痛に関係しているとしたら、理屈に合わないことになってしまいます。

ただ、私も足首は腰痛に関係があると考えています。

しかし、足首が関係しているとしても、歪みではなく別の意味で関係があると思っています。

それは、“気”の流れです。

“気”は、体の内外を流れるエネルギーのことです。

“気”の流れという考え方は、東洋医学独自のもので現代西洋医学にはありません。

それはともかく、足首の部分の“気”の流れが滞っていると、腰の部分に影響が出て腰痛につながります。

足首の部分の“気”の流れが滞っていると、腰の部分に影響が出て腰痛につながります。

そこで問題になってくるのは、足首の歪みと“気”の流れの関係です。

体の歪み(足首の歪み)があると、“気”の流れが悪くなると言っている人が多いです。

でも私は関係がないと考えています。

例えば、腰椎椎間板ヘルニア(体の歪み)で腰痛が起きるとされていますが、それは間違いです。

ヘルニアで腰痛が起きるのではなく、“気”の流れが滞ったから腰痛が出るのです。

ですから、“気”の流れの滞りが整えば腰痛は改善します。

でも、“気”の流れの滞りが整って腰痛が改善しても、ヘルニアはそのまま残ります。

ヘルニアが残っているということは、体の歪み(足首の歪み)も残っているということになりますので、体の歪みと“気”の流れは関係ないということになります。

腰痛の原因は筋肉が関係している?

ネットで検索していると、腰痛の原因はおしりの筋肉だった!というようなキャッチフレーズのサイトが出てきます。

おしりの筋肉を調整すれば腰痛が良くなるということなんでしょうが、そんなに単純なことでは腰痛は改善しません。

腰痛の本当の原因は筋肉の過緊張ではありません

腰痛に筋肉が関係していることは間違いではありません。

関係していると思われる筋肉を調整すると、確かに腰痛は楽になります。

でも、筋肉の過緊張は腰痛の本当の原因ではないので、しばらくするとまた症状がぶり返すことが少なくないのです。

実は、筋肉の過緊張は2次的原因であって、1次的原因ではないのです。

ですから、1次的原因に対して調整を加えなければ、腰痛は改善していきません。

では、1次的原因はなんでしょうか?

それは、“気”の滞りです。

“気”とは、体を流れているエネルギーのことです。

鍼治療がありますが、鍼をツボに打つことによって“気”の滞りを整えています。

ただ、最近は“気”の滞りを整えることを目的に鍼を打たない人が増えてきています。

と言うのは、“気”の滞りを整えるといっても難しいからです。

ですから、ただ鍼をツボに打つだけでは効果が少ないのです。

当整体院では、鍼を打てませんので、整体で“気”の滞りを整える施術をしています。

腰痛関連記事

横座りをする女性

悪い姿勢をしてると腰痛になる?

ネット上には、悪い姿勢をしてると腰痛になりやすいと書いてあるホームページが多いですね。

整体院のホームページにも、そのように書いているところが少なくないです。

悪い姿勢とは

・椅子に座る時に足を組む

・横座りをする

・アヒルすわりをする

・頬づえをつく

・片足に重心をのせて立っている

・バックをいつも同じ肩にかけている

・猫背で前かがみになっている

などです。

確かに上に挙げたような姿勢をしていると、体がゆがみます。

体がゆがむと筋肉に負担がかかって腰の痛みにつながるような気がします。

でもそれほど心配するようなことではありません。

体がゆがんだとしても一時的なことで、時間が経てば元の良い状態に戻ります。

腰の痛みが出るのは、日常の悪い姿勢が原因ではなく、別の原因があります。

その別の原因とは、内臓です。

内臓と全身にある一つひとつの筋肉は関連があります。

内臓の機能が落ちると、筋肉が影響を受けて緊張が強くなり痛みにつながります。

もちろん、腰痛の原因は内臓だけではありません。

スポーツや仕事などで腰の筋肉、筋膜などに強い力がかかって損傷すると、腰が痛くなります。

筋肉、筋膜の損傷による腰痛は外傷ですが、外傷による腰痛はそれほど多くありません。

ほとんどの腰痛が内臓が関係して起きているのです。

腰痛関連記事

ストレッチを受ける人

腰痛はストレッチをすると良くなる?

腰が痛くなった時に症状を改善させようとしてストレッチをする人は少なくありません。

でも、腰が痛いからといってストレッチで症状が和らぐとは必ずしも限りません。

腰痛の症状でストレッチが有効なのは?

基本的にストレッチが有効なのは、筋肉の使いすぎによる腰痛に限ります。

いわゆる筋肉の疲労による腰痛ですね。

筋肉を使いすぎて疲労すると疲労物質がたまり、いわゆる筋肉痛になりますが、ストレッチをして筋肉を収縮させると、疲労物質が洗い流されて楽になります。

でも、腰が痛くなるのは筋肉疲労ばかりではありません。

筋肉に疲労がない腰痛の場合は、いくら一生懸命ストレッチをしても良くなることはありません。

もちろん、筋肉を収縮させますので楽になることもあります。

しかし、それは一時的なことです。

時間が経てばまた戻ります。

筋肉疲労による腰痛以外と言えば、内臓からの反射、外傷(肉離れ、骨折など)によるものがあります。

内臓からの反射、外傷による腰痛は、筋肉の疲労物質によって痛むわけではないですからストレッチをしても効果はありません。

そういった場合には、その状態にあわせた処置が必要になってきます。

※筋肉の疲労による腰痛でもストレッチのやり方が良くないと効果が出なかったり、かえって症状を悪化させることもあります。

腰痛関連記事

腰のマッサージ

仙腸関節と腰痛

仙腸関節は、骨盤にある腸骨と仙骨という骨の関節です。

関節と言っても、肩関節や股関節のように動く範囲は大きくなく、わずかに(数ミリ)動くだけです。

仙腸関節に変位(ずれ)があると、腰痛の原因になるとされています。

しかし、仙腸関節に変位(ずれ)があったとしても、直接的には腰痛の原因にはなりません。

ただし、間接的には腰痛に関係しています。

では、直接的な腰痛の原因はなんでしょうか?

それは、内臓からの影響です。

内臓から影響で腰痛の症状が表れるわけです。

筋肉は、内臓と関連があり、内臓の働きが落ちてくると、内臓から影響を受けて筋肉の緊張が強くなり腰痛などの症状につながります。

ですから、施術によって仙腸関節の変位を矯正すると、筋肉の過緊張も改善し腰痛の症状にも変化が表れます。

でも、一般に行われている仙腸関節の矯正では、施術効果が持続せず腰痛の症状の改善は一時的な結果に終わってしまいます。

と言うのは、神経に作用させているからです。

持続性のある施術にするには、神経に作用させるのではなく別の方法で調整を行う必要があります。

その方法とは、東洋医学でよく言われている“気”の調整です。

“気”の調整をすると、仙腸関節の変位も矯正され、内臓からの影響による腰の筋肉の過緊張も緩和しますので、腰痛が改善していきます。

しかも、持続性が高いのです。

整体の施術を受けても腰痛が改善しにくい方へ

腰痛で整体施術を受けても、なかなか改善しないということがありませんか?

だいたいの整体院では、腰椎、骨盤などの骨格を矯正したり、腰周りや足の筋肉を調整します。

これらの方法は、腰の関節、筋肉を施術することによって腰の神経を調整しているわけです。

整体を受けても腰痛が改善しないのにはわけがあります

腰の神経の調整で改善しやすいのは、筋肉などの疲労や損傷(外傷)による腰痛です。

それ以外の腰痛は、腰の神経の調整では改善しにくいです。

それ以外の腰痛は、内臓関連によるものが多いです。

内臓関連と言っても、いわゆる内臓の病気とは限りません。

内臓の疲れなどによって働きが落ちている場合も、その影響で腰が痛くなることは多いです。

腰の周り、足の筋肉は内臓と関連があります。

内臓の働きが落ちると、その影響が腰の周り、足の筋肉に及びます。

その結果、腰の周り、足の筋肉の緊張が強くなり腰が痛くなるわけです。

内臓関連の腰痛は、腰の神経の調整ではなく、東洋医学で言われるいわゆる“気”の滞りを整える調整をしないと改善しにくいのです。

“気”は、体の内外を流れるエネルギーのことをさします。

ところで、腰痛と言っても腰の筋肉、筋膜を痛めた場合と内臓関連の腰痛と見分けることが難しいのです。

ですから、当整体院では“気”の調整と腰の神経の調整の両方をして腰痛の症状に対応しております。

空

病院で異常なしと言われた腰痛は本当に異常がない?

整体院に来られる方は、病院を受診して異常がないと診断されることも少なくないようです。

病院では、MRI、CTなどによる画像検査、血液検査、尿検査などを行います。

MRI検査などでは、背骨や椎間板などの異常の有無、脊髄神経に腫瘍などがないかが分かります。

血液検査、尿検査では内臓疾患の有無が分かります。

内臓疾患があると、腰痛の症状につながることがあるからです。

そのような検査をひと通り行っても、なにも異常が見られなければ鎮痛剤、湿布を渡され様子をみてくださいとなります。

症状がひどい場合は、ブロック注射をされるかもしれません。

病院の検査で異常が見つからなくても腰痛の症状が出ることが多いわけですが、病院の検査では異常が見つからなかったと言っても、症状があるのなら、必ず原因があるはずです。

整体、カイロプラクティック院などの民間療法では、病院の検査とは違った視点から体を観察して検査をします。

整体院などでは、腰痛の原因は、骨格の歪み(背骨、骨盤などの歪み)や筋肉のバランスのくずれが影響していると説明する施術所が多いです。

しかし、当整体院では骨格の歪み、筋肉のバランスのくずれは腰痛には関係なく、ほとんどが内臓からの影響で症状が出ていると考えています。

座ってる時に腰に痛みが出る

以前、腰の反りがひどくなって、わずかの時間でもイスに座ってると、腰が痛くなるという方がみえたことがあります。

車の運転も長時間になると、すぐにギックリ腰を起こしそうになっていたそうです。

その方は、基本的に椅子に座って食事をすることが出来ず、立って食べてたそうです。

ですから、腰痛もかなり重症です。

1回目の施術の後しばらく日にちが経ってから、久しぶりに椅子に座って食事が出来るようになったそうです。

その方は、最初に書いたように、かなりの反り腰になっています。

座ってる時に腰に痛みが出る人は、反り腰の状態になっている

また、5ヶ月くらい前から、来てる方なのですが、10年くらい肩、首、腰に痛みが出ていて、いろいろな治療所に行ってみても症状が改善されなかったそうです。

その方も椅子に座ってパソコン作業をしていると腰の痛みがきつくなってきます。

その方の姿勢を観察すると、やはりかなり腰が反っています。

背中も丸くなっています。

その方の施術頻度は、だいたい一ヶ月に1回くらい来られますが、3日前に来られた時は、日にちが前々回までより少し開きました。

「少し日にち開きましたね」とお聞きすると、椅子に座って仕事をしていても、それほど腰が痛まなくなったというご返事でした。

それに腰の反りも良くなってきたということです。

ですから、座っていて腰が痛くなる人は腰が反ってる人が多いようですので、反り腰が改善するような施術が必要です。

ところで、イスに座る時に腰の痛みが出ないようにするために、背もたれのあるイス用のクッションが販売されています。

その商品は、腰の反り具合が緩やかになるのを防ぐために腰に当てて使用します。

でも、その商品を使ったからといって、腰の反り自体が良くなるわけではありません。

あくまでも、椅子に座っている時の痛みが減るだけの効果しかありません。

やはり、根本的に腰の反りが改善するような施術が必要です。

腰痛関連記事

木漏れ日

体が冷えて腰が痛くなるわけではありません

体が冷えると腰痛になると言ってるホームページ、ブログが多いようです。

体が冷えると腰痛になるのは、血液の循環が悪くなって筋肉の緊張が強くなり、その結果、腰が痛くなるという理論のようです。

体が冷えて腰が痛くなるわけではありません。

内臓の働きが悪くなると、内臓がそれを修復しようとして、内臓に血液が集中するため、体や手足に十分血液が行かないため、冷えが起こります。

気温が低い冬は、特に寒く感じます。

そして、腰に痛みが出ることもあるでしょう。

内臓の働きが悪くなる原因として、

・内臓の疲労

・体の疲れがたまっている

・過去の怪我(骨折、脱臼、捻挫など)の影響

などが挙げられます。

ただ、腰に痛みを感じるのは、冷えが原因ではありません。

内臓と関連がある腰の筋肉が、内臓からの影響(内臓筋肉反射)で痛みが出ているのです。

しかし、この現象は体の自然な働きですから悪いことではありません。

内臓の修復が済んで働きが回復すれば、体や手足に血液が回るため冷えを感じなくなります。

また、腰の痛みも感じなくなるでしょう。

腰痛関連記事

樹木

草むしりで腰痛

草むしりをする機会が多くなると、腰を痛める人が多くなります。

なぜしゃがんで前屈みの姿勢で草むしりをすると、腰を痛めやすくなるのでしょうか?

しゃがんでする作業で腰が痛くなる理由

それは、しゃがんだ状態で前屈みの姿勢になることによって、骨盤の前にある大腰筋という筋肉が影響を受けるからです。

しかし、しゃがんで草むしりをすることは、腰痛が出るきっかけにすぎません。

と言うのは、毎回草むしりをすれば腰痛になるとは限らないからです。

本当の原因は、内臓からの影響で腰の痛みが出るのです。

詳しく説明すると

内臓からの反射で大腰筋にある経穴(ツボ)に影響して、さらに大腰筋ある経穴(ツボ)から腰の筋肉にある経穴(ツボ)に反射が起きて、腰の痛みが出るわけです。

図式で表わすと

大腰筋に関係のある内臓

大腰筋ある経穴(ツボ)

腰の筋肉にある経穴(ツボ)

腰痛

といった具合になります。

施術

上記したように内臓からの影響で腰の痛みが出ていますので、それに応じた方法で施術を行う必要があります。

内臓関連の腰痛は、東洋医学で言われる“気”の流れが関係しています。

“気”は、体の内外を流れるエネルギーのことです。

そして、“気”の流れが滞ると内蔵機能の低下します。

その結果、大腰筋ある経穴(ツボ)→腰の筋肉にある経穴(ツボ)といった順番で反射が起きますので、“気”の流れの滞りを調整することによって腰の痛みも改善されていきます。

腰痛関連記事

葉っぱ

腰痛のツボは同じツボが常に効果があるわけではありません

腰痛に効くと言われるツボがあります。

脚、足にあるツボは委中、承山、三陰交、崑崙、僕参。手にあるツボは、中渚、外関などがあります。

その他全身のいたるところに、腰に関係するといわれるつぼが点在しています。

腰痛のツボは同じツボが常に効果があるわけではない

これらの腰痛に効くといわれるツボ、操作の仕方にもよりますが、腰の痛みが和らいで一定の効果はあると思います。

ところで、腰痛で整体の施術を受けにこられる人で、腰の痛いところに磁気の絆創膏を貼っておられる人があります。

腰の痛みがあるところは、ツボの部分ですから、その部分に磁気の絆創膏を貼ることは、基本的には間違いではないと思います。

間違いではないでしょうが、腰の痛みが楽になっていないということは、貼る場所が違っているということなんでしょう。

ですから、体じゅうにある腰に関係するツボを一つひとつ調べていけば、腰の痛みに効果のあるツボを見つけることが出来るかもしれません。

ただ、効果のあるツボを探し出すことは要領が分かれば難しいことはないでしょしょうが、とにかく根気の要る作業です。

それはともかく、仮に腰の痛みに効果があるツボを探し出せたとします。

しかし、根気の要る作業を続けてようやく効果のある腰痛のツボを探し出せたとしても、そのツボは常に効果があるわけではないのです。

たとえ腰の同じ場所に痛みが出ていたとしても、別の場所のツボをやらないと効果は出ません。

つまりツボ療法をやるたびに、効果のあるツボを探す必要があるということです。

腰痛関連記事

マラソン

運動不足だからといって腰痛が起きるわけではありません

運動不足だと腰痛になるという説があります。

しかし、この説もどうも眉唾物のような気がします。

なぜかと言いますと、運動不足でないはずのスポーツ選手に腰痛が多いからです。

いつから誰が「運動不足だと腰痛になる」と言い出したのでしょうか。

筋力に頼った運動は腰を痛めやすい

かなり矛盾してますよね。

スポーツ選手が腰痛になるのは、多分運動しすぎというよりも間違った考え方で運動しているから腰痛が多いのだと思います。

例えば、柔道。柔道は、元々武道ですから技を競うものだったと思います。

でも、現在の柔道はオリンピックを見ても分かりますが、技を競うものというよりも単なる力比べになっているような気がします。

力比べの柔道ですから、本来の練習以外にパワーをつけるために筋肉トレーニングをします。

筋肉トレーニングをすると、たしかにパワーは付きます。

しかし、その代償として筋肉の緊張が強くなりますので、筋肉のバランスがくずれて腰が痛くなったり、だるい、重いといった症状が出やすくなります。

筋肉のバランスのくずれとは、緊張のアンバランスです。

今は、ほとんどのスポーツで筋肉トレーニングをするそうです。

スポーツ選手に腰痛が多いはずです。

そういうことがありますから、腰痛で来られた人に運動不足ですから、筋肉を鍛えるような運動して下さい。などというアドバイスをしたことがありません。

腰痛関連記事

鉢植え

腰痛は腰椎5番の調整が大事?

腰痛の調整において腰椎5番の調整は大事だと言われます。

腰椎は、背骨にある腰の部分にある骨で5個ありますが、腰椎5番は一番下の骨です。

腰椎5番は体の構造上腰椎の中で一番負担がかかりやすいため、この骨を調整することが大事だと言われているわけです。

ちなみに、腰椎椎間板ヘルニアが多いのは、腰椎4番と5番の間の椎間板に多いです。

そして、整体、カイロプラクティックの施術では、腰椎5番を矯正することにより腰の部分の神経の調整をして腰痛を改善させようとしています。

神経を調整しても腰痛は改善しにくい

ですが、神経の調整をしても、腰痛は改善しにくいです。

腰痛は、内臓が関連した症状が多いのですが、神経の調整をしても内臓の働きを整えることは難しいので、腰痛を改善させにくいわけです。

腰痛を改善させるためには、神経ではなく東洋医学で言われる、いわゆる“気”の調整をしていく必要があります。

“気”は、体の内外を流れているエネルギーのことです。

他の整体、カイロプラクティックでは、腰椎5番の矯正をすることによって神経の調整をします。

でも、腰椎5番の矯正は、神経の調整ではなく、“気”の調整をすることも可能です。

腰椎5番の矯正といっても、当院では一般的な整体、カイロプラクティックのように骨に力を加えて矯正する方法ではありません。

ソフトな方法で矯正しますので、危険はありませんので高齢者の方、小さいな子供さんでも安心して施術を受けていただけます。

腰痛関連記事

腰痛は神経の圧迫が原因?

腰痛、足の痛み、しびれなどの症状で整形外科を受診し検査の結果、腰椎のヘルニアが見つかった場合、椎間板の飛び出しによって神経が圧迫されるために症状が起きると説明されることがあります。

神経圧迫が腰痛の原因というのは疑わしい

しかし、神経の圧迫が腰痛などの症状の原因だとすると、いろいろと矛盾が生じます。

例えば、MRIで撮影した画像を見ると、椎間板が飛び出してヘルニア状態になっているにも関わらず、痛みがまったくない人がいます。

また、痛み、しびれはあっても温めたり、ストレッチなどをやって筋肉をほぐしたりすると、痛み、しびれが軽減したりする人がいます。

そして、腰痛の症状がひどいため、ヘルニアの除去手術をして神経の圧迫を解放したにもかかわらず、痛み、しびれには変化が見られないか逆に悪化してしまうケースもあります。

そうなると、飛び出した椎間板が神経を圧迫すると腰の痛みや足の痛み、しびれ、排尿排便障害などの症状が出るという理論の説明がつかなくなります。

腰痛Q&A

.体の歪みは腰痛の症状と関係がありますか?

.他の整体、カイロプラクティック院などでは、体の歪みが腰痛の症状と関連があるから、体の歪みを整えないと痛み、しびれは変わらないと言っている施術所は少なくありません。

しかし、体の歪みを整えても腰痛、足の痛み、しびれなどが改善するわけではありません。

と言うのは、体が歪んでいるから腰痛、、足の痛み、しびれなどの症状が出るわけではないからです。

内臓などの機能が低下して、その影響で筋肉の緊張が強くなり症状が出ているのです。

ですから、施術は内臓の機能を高めるような調整をしていけば良いわけです。

葉っぱ

腰を温めると腰痛対策になる?

腰痛の対策として本やネットでいろいろな方法が言われています。

そのなかで、お風呂に入ったり腰の部分にカイロを当てて温める方法も良いとされています。

腰を温めると血行が良くなるため、筋肉の緊張が緩和して痛みが軽くなるということです。

確かに血行が良くなると腰には良いような気がします。

特に筋肉の疲れによる腰痛にはいいかもしれません。

でも、腰痛は筋肉の疲れによる症状ばかりではありません。

他にも原因があります。

その原因は、内臓の影響です。

特に内臓が関連している腰痛には、温めて血行を良くしただけでは改善するのは難しいでしょう。

疲れによる腰痛と内臓関連の腰痛では原因が違います。

疲れによる腰痛は疲労物質によるものですから、腰を温めて血行が良くなれば疲労物質が洗い流されて痛みは引きます。

一方内臓関連の腰痛は、腰の筋肉には原因がありません。

内臓の働きが落ちて、その内臓から腰の筋肉に反射が起きて痛みが出ています。

ですから、温めるにしてもピンポイントで温める必要があります。

その場所はツボです。

しかも内臓に刺激が行く的確なツボです。

腰にカイロを当てたり、お風呂に入ったりして腰を温める方法では、的確なツボを温めることは難しいので、内臓関連の腰痛の場合は楽になっていきません。

花

骨の歪みは腰痛と関係がある?

ネットで調べると、骨の歪みは、腰痛と関係あるとする説と、腰痛とは関係ないとする2つの説が出てきます。

まったく逆のことを言っているわけですから、調べる人にとってはどちらを信用したらいいのか分からなくなってしまいますね。

当院の考え

骨の歪みは、腰痛には直接関係ありません。

ただし、間接的には関係しています。

ややこしいですが、そういうことです。

例えば、腰椎や骨盤の歪みを調整すると、内蔵の働きが良くなりその結果、腰痛も改善します。

ですから、腰痛が改善するには、内臓の働きが落ちている状態を良くする必要があるわけです。

逆に言うと、腰椎や骨盤の歪みを調整しても腰痛が改善していかない場合は、内臓の状態が変化していないということになります。

例えば、慢性的に便秘がある人。

便秘がある人は、腰の痛みが出やすいですから、施術を続けても腸の状態が変わっていかない場合は、施術を続けても腰痛は改善しにくいでしょう。

骨の歪みを調整する方法は、いろいろやり方がありますが、やり方によってまったく結果が違ってきます。

内臓の状態を変化させることができる整体院に行かれることが、腰痛が改善していくかどうかの分かれ道になってくるわけです。

樹木

股関節の影響で腰痛が出る?

股関節 腰痛で検索すると、股関節の影響で腰痛が出るとするページがたくさん出てきます。

確かに、臼蓋形成不全によって変形性股関節症になったりすれば、体は構造的に不安定になります。

体が構造的に不安定になるということは、全身の筋肉のバランスもくずれます。

そうすると、筋肉のひきつれなどができたりしますから、腰痛が出ても不思議ではないでしょう。

でも、構造的な問題があるからと言って、腰痛などの症状が出るとは限りません。

もし、構造的な問題で腰痛が出るとしたら、常時痛みが出るはずです。

でもそういうことはありません。

実際に変形股関節症がある方に話を聞いても、常時腰痛があるわけではないと言っていました。

腰痛は、構造的な問題で出るわけではなく、他の原因で出ています。

その原因は、内臓からの影響です。

腰の筋肉が内臓から影響を受けて緊張が強くなり、腰痛が出ます。

ですから、内臓の働きを活性化するような施術をすれば、腰の筋肉に対する影響も減り腰痛も改善していきます。

その方法として、東洋医学で言われる“気”の調整を行います。

腰痛の施術というと一般的には筋肉、骨盤、背骨の調整をします。

でも、それらの方法では“気”の調整はできませんので、内臓の状態は変わりません。

その結果、腰痛も改善しにくくなるわけです。

腰痛関連記事

腰痛は職業病?


介護、工場のライン作業などの仕事では、腰痛は職業病だと言われています。

これらの仕事は、腰に負担が掛かる作業が多いのでそう言われるのでしょう。

腰に負担がかかる姿勢としては、前傾姿勢や中腰、腰をひねる動作などがあります。

腰痛のほとんどは内臓からの影響

でも、本当は腰に負担がかかる作業をするから痛みが出るわけではありません。

別の理由で腰に痛みが出ているのです。

それは、内臓からの影響です。

内臓からの影響で腰の痛みが出ているのです。

全身にある筋肉は、一つひとつ特定の内臓器官と関連がありますが、その内臓器官の機能が低下すると関連のある腰の筋肉が影響を受けて痛みが出ます。

便秘が慢性化している人や軟便ぎみの人は、腰の筋肉が大腸から影響を受けて、痛みが出るというような感じです。

いろいろと腰痛を予防する対策が考えられていますが、そういった対策もあまり意味を持たないです。

と言うのは、そういった腰痛予防の対策の方法は、仕事をする時の動作や姿勢に関することばかりで、本当の原因である内臓についての対策ではないからです。

内臓の機能低下が腰痛の原因ですが、さらに内臓に影響を与えていることがあります。

それは、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りです。

“気”の流れと言ってもなじみがない人も多いかもしれませんが、簡単に言えば体の内外を流れているエネルギーのことを言います。

“気”の流れが滞ることによって、内臓が影響を受け、さらに腰の筋肉が内臓の影響を受けて腰痛が出ます。

ですから、対策で1番大事なことは、“気”の調整をして、内臓機能が低下した状態を改善することなのです。

仕事をする時の動作や姿勢に対策することは、“気”の流れの滞りを整えることは不可能なので腰痛予防としてはあまり有効な方法ではないわけです。

腰の骨のズレは腰痛に関係ある?

腰痛で整体・カイロプラクティックの施術を受けると、骨盤や腰椎(腰の骨)がズレているので腰が痛くなると説明する施術所が多いです。

確かに腰が痛い時は、腰の骨はズレています。

ズレると言ってもほんのわずかで1~2ミリ程度です。

腰の骨の矯正をやっても意味がない

腰の骨がズレていると言っても、ズレているから腰が痛いわけではではありません。

腰が痛いのは、別の原因です。

腰の骨のズレを矯正しても腰の痛みは取れません。

ですから、骨の矯正をやっても意味がないのです。

私が整体を始めた頃は、一生懸命の骨のズレを矯正しようとしていました。<

でも、後からそんなことをしても意味がないと気が付きました。

なぜかと言うと、腰の痛みが消えれば、骨のズレはなにもしなくても、元の位置に収まるからです。

そして、腰の痛みのほとんどは内臓の反射で痛みが出ています(外傷による腰痛は除きます)。

なぜ内臓からの反射が起きるのでしょうか?

内蔵の機能が落ちているため、機能を高めようとして筋肉に反射が起こるのです。

これは、自動的に起こることです。

ですから、極論を言えば整体施術をしなくても自然に腰痛は治まります(自然治癒)。

では、整体施術をすることは意味がないのでしょうか?

意味はあります。

整体施術をすることによって機能を高めることが早くなり、その結果腰痛も早く治まります。

腰痛の時は安静?動いた方がいい?


以前は、腰を痛めた時は安静にしていたほうが早く良くなると言われていました。

そして、いつからかは記憶にありませんが、安静にしているよりも動けるのなら、動ける範囲内で動いた方が早く良くなると言われるようになりました。

動くと血行が良くなるため、腰の痛みが早く引くという理屈です。

海外でのデーターですが、腰を痛めた人を痛みが引くまで安静にしているグループと動ける範囲で動くようにしたグループに分ける実験をしたそうです。

結果は、動いた方のグループの方が早く痛みが取れたそうです。

でも、このような実験はあまり意味がなくデータとしては不十分です。

腰痛は、内臓が関連して症状が出ることがほとんどです。

そして、内臓の状態は一人ひとり違いますから、条件が同じにはなりにくいので回復までの期間を比較すること自体がナンセンスです。

人間の体は機械ではないのです。

機械なら条件をそろえることが出来ます。

でも、人間場合はそのようなことは不可能です。

ですから、私は、どちらでもなく、動いても動かなくても良くなるまでの期間はそんなに変わりはないと考えています。

膝が硬いと腰痛になる?

膝が硬いと腰痛の原因になると言われることがあります。

膝が硬いというのは、太ももの裏側にある筋肉(ハムストリングス)が緊張により硬くなっている状態です。

でも、膝が硬いから腰痛になるのではなく、腰痛の症状が出ているから膝が硬くなっているのです。

ですから、腰痛予防のために筋肉をストレッチでほぐしておく必要もありません。

仮に日頃からストレッチをしておいても腰痛になる時はなります。

ストレッチはなんの意味もないわけです。

では、なぜ腰痛の症状が出ているとが膝が硬くなるのでしょうか?

内臓の働きが悪くなり、その影響で筋肉が緊張して硬くなり腰痛の症状が出ているのです。

この現象は内臓筋肉反射と言います。

一般的に太ももの裏の筋肉が硬くなるのは、日頃座る時の姿勢が悪いからだとされています。

座る姿勢が悪いと、骨盤が後ろに傾くためハムストリングが縮んでしまうので、血流が悪くなって硬くなるということらしいです。

でもそうではなく、上で書いたように内臓の働きが落ちているため、内臓と関係のある筋肉が影響を受けて緊張して硬くなっているのです。

足を組むと腰痛はひどくなる? 

「足を組む 腰痛」で検索すると、体がゆがんで腰痛がひどくなるから、足を組むのは良くないと書いているサイトが多いです。

整体院・カイロプラクティック院のサイトのほとんどが同じことを言っています。

また、整形外科のサイトでも同じことを書いてあることもあります。

しかし、足を組んでも腰痛がひどくなるようなことはありません。

そもそも、足を組んでも体の歪みが悪化することもないです。

足を組んだ場合、筋肉の左右の長さが入れ替わるだけです。

例えば、Aという筋肉の右側の長さが50cmで左側が45cm(骨格筋は基本的に左右で一対です)だとします。

足を組むと、右と左の長さが入れ替わって、右側が45cm、左側が50cmになります。

筋肉にそれだけの変化が起こるだけで、腰の筋肉に悪影響があるわけではありません。

腰痛は、基本的に内臓が関連する場合と、腰の筋肉の筋繊維の損傷によるものがほとんどです。

補足ですが、整体院へ行くと右と左で足の長さが違うと指摘され、足の長さの違いを治さないと腰痛も良くならないといわれる場合があります。

でも、足の長さが違っても腰痛とはなにも関係はありませんので心配は要りません。

前かがみになると腰痛が出る

腰痛は、体を動かした時に出ることが多いですが、特に前かがみの姿勢の時に出やすいです。

掃除機をかけたり、顔を洗う時など・・・

前かがみの姿勢をすると腰が痛くなるのはなぜでしょうか?

一般的には、体の後ろ(腰、背中)の筋肉の緊張、背骨の異常(ヘルニア、脊柱管狭窄症など)などが言われています。

しかし、上記のことは前かがみの姿勢で腰痛が出ることとは関係がありません。

ただ、腰の部分に痛みが出ているだけで、腰の部分には痛みの原因はほとんどありません。

ですから、腰、背中の筋肉の調整したり、背骨の異常を調整しても腰の痛みは改善しにくいのです。

では、原因はどこにあるのでしょうか?

あまり知られていないのですが、ふくらはぎの筋肉に原因があります。

でも、ふくらはぎの筋肉に原因があると言っても、ふくらはぎの筋肉を調整して(神経の調整)も前かがみの時の腰痛は改善しにくいです。

本当に前屈時の腰痛を改善させるためには、神経の調整(筋肉の調整)ではなく、東洋医学で言われる“気”の滞りを整える必要があります。

“気”の滞りを整える施術を行うと、ふくらはぎの筋肉もしっかり調整されて、前屈時の腰痛を改善できます。

ただし、腰の筋肉の筋繊維が損傷した場合は、損傷した筋肉を調整する必要があります。

骨折が原因で腰が痛くなる?

交通事故などによる腰の骨を骨折をした場合に腰痛が出ることが多いです。

その場合、一般的には骨折が原因して、腰に痛みが出るとされています。

しかし、腰椎(背骨の腰の部分の骨)や骨盤が骨折したから痛みが出るわけではありません。

痛みが出ているのは、骨の部分ではなく腰の周りにある軟部組織(筋肉、筋膜、関節包、靭帯など)と言われる部分です。

そして、腰の周りの軟部組織に痛みが出るのは内臓からの影響です。

ですから、骨折は腰痛が出るきっかけにすぎないわけで、必ずしも痛みが出るわけではないのです。

骨粗鬆症は腰痛と関連はありません

高齢の女性は、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)による圧迫骨折で腰痛が出ることも少なくないです。

病院では、骨がもろくなっているから腰痛が出ると言っています。

でも、骨が原因で腰痛が出るわけではないのです。

この場合も内臓が原因しています。

そして、その大元の原因は、“気”(体を流れるエネルギー)の滞りにあります。

ですから、いくら骨量を増やすためにカルシウムを補ったとしても、腰痛に変化していきません。

長時間座っていると腰痛になる?

長時間パソコン作業などの仕事で座っている人は、腰痛は職業病のようなものだと言われています。

そして、腰痛が起きやすくなるのは、同じ姿勢で長時間座っているために腰の筋肉・靭帯などの組織が疲労して硬くなり、血行が悪くなるからだとされています。

本当にそうなのでしょうか?

私は、そのように考えておりません。

と言うのは、毎日長時間座ってパソコン作業をしていて腰が痛くなっていたのが、当院で施術を受けられて、腰の痛みが減ってきている人が少なくないからです。

腰の痛みが減ってきている人に対して、特別なことをアドバイスをしているわけでもありません。

ただ施術をしただけです。

あいかわらず、長時間椅子に座ってパソコン作業をされています。

でも、腰の痛みが減ってきています。

もし、筋肉などの組織の疲労が腰痛の原因だとしたら理屈に合わなくなります。

私は、腰の筋肉などの組織の疲労が、腰痛の原因ではないと考えています。

腰には何の原因はないと思います。

では、なぜ施術をしたら腰の痛みが減ってきたのか?

内臓器官の働きが落ちている

腰の筋肉・靭帯の緊張が強くなる

腰痛

上図のように、内臓器官の影響を受けて腰の筋肉・靭帯の緊張が強くなっていたため腰痛が出ていました。

ところが、施術によって内臓器官の働きが活性化したため、それにともなって腰の筋肉・靭帯の緊張も緩和して、腰の痛みが少なくなってきたと考えられます。

施術を受けても腰痛がすぐに戻ってしまうという方へ

施術をやっても、腰痛がすぐに元の状態に戻ってしまうのは、悪い姿勢が本来の姿勢であると、脳にインプットされているからと言う説明をしていることが多いです。

元の状態に戻らないようにするには、なんども調整して、良い状態を脳に記憶させる必要があるということらしいです。

この説明を読んでいると、知らない人はなるほどな思うかもしれません。

もっともらしい説明ですが、本当なのでしょうか?

私がやっている施術方法も、戻りがゼロとはとても言えませんが、他の人がやっている施術方法のように完全に元の状態に戻ってしまうということはありません。

他の人がやっている施術方法と比べて、戻りは少ないです。

では、私がやっている施術の方法と、他の人がやっている施術方法はどこが違うのでしょうか。

体のことは体が一番よく知っている

結論を言えば、体がして欲しい施術を行っているから、他の人の施術方法と比べて、戻りが少ないのではないかと考えています。

整体の施術には

・体の歪みを観察してその結果を基に施術する方法

・体の動きを観察してその結果を基に施術する方法

などがあります。

どんな方法で、施術を行っても良いと思いますが、施術者の頭で考えた方法では、体の歪みは元に戻ります。

例え、その方法が医学的にみて理にかなった方法だとしてもです。

私の行っている施術方法は、頭で考えたような難しい理論はありません。

ただ、忠実にその人の体の要求に従って施術しているだけです。

体の要求に従って施術するというのは、その人の意志とは関係ありません。

よく整体などで強くやってもらわないと効いた気がしないという人がいます。

その人の意志では強い刺激で施術して欲しいと願っているわけですが、体の要求は逆に強い刺激ではなく弱い刺激で施術して欲しいという反応が出る場合があります。

それは、体の反応を見る検査で調べると、すぐに分かります。

ですから、その時は弱い刺激で施術したほうが症状は早く改善します。

体というのは、強い刺激一辺倒の施術で変化するほど単純ではありません。

いろいろ施術方法を研究しましたが、結構体は複雑になっています。

体は複雑になっていますが、法則性というものがありますので、その法則性に沿って施術していけば、体は変化していきます。

立ち上がる時に出る腰痛の原因

ちょっと長めに椅子に座っていて立つ時に、腰の痛みが出ることがあります。

その原因として、大腰筋(だいようきん)が関係していて、緊張が強くなって硬くなっているため、腰を伸ばしにくくなり腰に痛みが出ると言われています。

腰痛が慢性化した人に多いかもしれませんね。

確かに、大腰筋は腰痛に関係があります。

しかし、大腰筋は、立ち上がるときの腰の痛みの本当の原因ではありません。

大腰筋はあくまでも2次的原因にすぎません。

ですから、大腰筋をほぐして緊張をゆるめても戻りがはやく一時的な効果しかありません。

そのことは、大腰筋のストレッチをしている人はご存知でしょう。

一次的原因は、“気”の流れの滞りにあります。

“気”の流れの滞り

内臓器官

大腰筋

腰痛

となるわけです。

内臓器官が大腰筋に影響を与えているのは、内臓器官の働きが落ちているためです。

そして、内臓器官の働きが落ちるのは、“気”の流れの滞りがあるからです。

ですから、当院では、大腰筋をストレッチなどで調整するのではなく、“気”の調整を行って腰痛に対応しています。

マッサージ

腰を反らすと腰痛が出る

腰痛は、じっとしていても出ることもありますが、なんらかの動作をした時に出ることも多いです。

今回は腰を反らす動作をすると腰痛が出る場合について書こうと思います。

腰を反らす動作は、ラジオ体操の中に体を後ろに反らす動作があります。

しかし、その動作だけではなく

・日常で立ち上がる時

・寝た状態から起き上がる時

・仰向けで寝る

・からだを真っすぐにして歩く

などの動きも腰を反らす動きになりますので、これらの動きで腰が痛くなります。

腰を反らす動作をすると腰痛が出る場合、腰の筋肉に原因があるのではなく、お腹や太ももなど体の前面にある筋肉が関係していると言っている整体師の人が多いです。

確かに構造面で見ると、体の前面にあるお腹、太ももの筋肉が緊張して縮んでいると、腰を反らす動作がしにくくなりますので、痛みが出るという理屈も考えられないこともないです。

しかし、そのようななことで痛みが出るわけではありません。

腰を反らすときに関係がある筋肉は、ふくらはぎにある筋肉です。

この筋肉が緊張して縮むと、腰を反らす動作をすると痛みが出ます。

そして、この筋肉は内臓からの影響を受けています。

ですから、腰を反らす動きで痛みが出る場合は、ふくらはぎにある筋肉に影響を与えている内臓の働きが落ちていますので、施術によって活性化させていく必要があります。

猫背は慢性腰痛の原因になる?

パソコン作業などで体が丸まった猫背の姿勢を続けていると、腰痛の原因になると思っている人が多いですね。

ネットで検索すると、そのように書かれているサイトが多いためでしょうか?

まとめサイトだけでなく、整体院関係のサイトでもそのように書かれていることも少なくありません。

私も昔は、姿勢が悪いと腰痛の原因になると考えていました。

猫背だから腰痛になるわけではありません

でも、その情報は間違っています。

本当は、体のどこかで調子の悪い部分(内臓など)があって、その影響で猫背になっているのです。

調子が悪いと言っても、必ずしも自覚症状があるとは限りませんが。

それから、過去に怪我(骨折、脱臼、捻挫)、内臓の病気、外科手術をしたことがあれば、姿勢がくずれて猫背になります。

内臓は筋肉と関連があるため、筋肉が内臓の影響を受けて、姿勢がくずれるわけです。

ネットの情報では、姿勢が悪いと腰痛になると書かれています。

でも、そのようなことはありません。

腰の筋肉が内臓の影響を受けて過緊張した結果、腰痛が出ます。

外傷を除いて、腰痛のほとんどは内臓が関係しています。

その他、椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症など骨の異常があると腰痛の原因になると言われています。

しかし、骨の異常は腰痛とは関係ありません。

腰痛に首が関係している?

腰痛が首が関係していることがあります。

腰ならわかるけど、首が関係しているというと信じられないという人もいるでしょう。

でも、人の体は痛みとは関係ない場所が関係していることも少なくないのです。

では、なぜ首が腰痛と関係しているのでしょうか?

他の整体師、カイロプラクターの人は、頚椎(首の骨)の動きが悪いと腰椎(腰の骨)に影響するからだと説明することが多いです。

私の場合は、その考え方とはちょっと違います。

首は首でも私の場合は、骨ではなく経穴(ツボ)が関係していると考えています。

ツボですから、“気”の流れが関係しているわけです。

つまり、首のツボの部分で“気”の流れが滞って、その影響で腰痛になっていると考えているわけです。

ですから、首の部分の“気”の流れが滞りを整えるような調整をすれば、腰の痛みも改善していきます。

その場合、他の整体、カイロプラクティックのように頚椎を矯正するわけでははありません。

首に軽く指で触れるだけですから、まったく危険性はありません。

首の骨を矯正した場合は、非常に危険で最悪の場合は死亡することもあります。

少し前にアメリカの人気モデルがカイロプラクティックの頚椎矯正で死亡したニュースがありました。

頚椎の矯正をした時に首の動脈を損傷してしまったわけです。

ともかく首の矯正は危険が伴いますので、そういった施術を受けるのは避けられたほうが無難です。

重いものを持つと腰痛(ぎっくり腰)になる?

重い物を持つと腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるということが常識になっています。

本当にそうなのでしょうか?

私も20代の頃、ひどいぎっくり腰になったことがあります。

でも、動けないくらいのひどい腰痛はその時の1回だけでその後腰痛に苦しんだということはありません。

商品管理の仕事で割と重い物(重くても20kg程度)を持つ機会多かったので、それが原因で腰を痛めたとその時は思っていました。

でも今は、腰を痛めたのは重い物を持つ回数が多いから腰に負担がかかるからというよりも、他の原因で腰を痛めたのではないかと考えています。

もし他の人が言うように、腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるとしたら矛盾が生じます。

と言うのは、重い物を持っても腰を痛める時と傷めない時があるからです。

ですから、この理屈は無理があるのです。

重い物を持つから腰を痛めるのではなく、腰の痛みは内臓が関連していると思います。

腰を痛めるのは内臓の調子が落ちている時で、腰の筋肉がその影響を受けて緊張が強くなっていて、たまたま重い物を持った時にギクッとくるわけです。

ちなみに重い物を持つだけでなく、くしゃみをしてもギクッとくることがあります。

くしゃみでギクッとくるのも、内臓の関連で起こるわけです。

座り方が悪いと腰痛になる?

悪い座り方と言えば、腰を丸くして座っている人が多いですね。

腰を丸くして座っていると、見た目がよくなくてあまりかっこいい座り方ではないです。

腰を丸くして座っていても腰痛にはならない

一般的には、座り方が悪いと腰痛の原因になると言われています。

腰を丸くして座っている姿勢は、腰の筋肉などに負担がかかり、その結果腰椎(背骨の腰の部分の骨)がずれてしまって、神経を圧迫して腰痛につながりやすいと言っている整体師の人が多いです。

しかし、仮に腰椎がズレて神経を圧迫したとしても腰痛になるわけではないのです。

病院のMRI画像でヘルニアが確認され、神経が圧迫していてもなんの症状もない人がたくさんいます。

また、腰椎がずれた(腰椎が歪む)としても、しばらくすれば元の良い状態に復元されますので心配はいりません。

基本的に、腰痛は、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、腰部脊柱管狭窄症などの骨の構造的な問題で起きることはありません。

その証拠に、病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され手術をしても、腰痛が良くなることは少ないです。

では、なにが問題で腰痛が起きているのでしょうか?

それは、東洋医学でよく言われるいわゆる“気”の流れの滞りが影響して腰痛が出ているのです。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

ですから、“気”の調整を行っていくと腰痛も改善されやすくなります。