腰椎椎間板ヘルニアと診断された方へ

腰痛、足の痛み、しびれで整形外科を受診した際に、腰椎椎間板ヘルニアと診断される場合があります。

そして、医師からは、椎間板が飛び出て脊髄神経を圧迫して、腰痛、足の痛み、しびれなどの症状が出ているので、手術をしないと症状は良くならないですよと説明を受けると思います。

椎間板ヘルニアと腰痛、足の痛み、しびれに関連性はありません

しかし、脊髄神経が椎間板に圧迫されても、腰痛、足の痛み、しびれが出ることはありません。

なぜかと言うと、椎間板が飛び出してヘルニア状態になっていても、症状がない人もたくさんいるからです。

また、飛び出た椎間板を除去する手術をしても症状が再発したり、症状に変化がない人もたくさんいます。

ですから、椎間板ヘルニアの診断を受けて、手術をすすめられても断る人もいます。

腰痛、足の痛み、しびれの原因は?

では、腰痛、足の痛み、しびれはどこが原因しているのでしょうか?

原因としては

1.腰、足の筋肉の疲労

2.内臓からの影響による筋肉の緊張

3.腰椎の骨折

4.脊髄に腫瘍ができている

などが考えられます。

腰、足の筋肉の疲労

筋肉の疲労による腰、足の痛み、しびれは

同じ動作を数多く繰り返す

腰、足にある特定の筋肉に負担がかかり疲労する

腰、足に痛み、しびれが出る

という図式になります。

筋肉の疲労による痛み、しびれは疲労が解消すれば、解消します。

ただ、疲労の蓄積が多ければ、疲労が抜けるまでに時間がかかることもあります。

施術は、疲労した筋肉を直接ほぐせば、痛み、しびれなどが解消するのにそれほど時間はかからないでしょう。

しかし、体の奥にある筋肉は、直接ほぐすことはできないので、上手に調整する必要があります。

内臓からの影響による筋肉の緊張

なにも思い当たることがないのに症状が出た場合は、内臓からの影響の可能性が高いです。
なかなか解消しない、いわゆる慢性化した症状がこれに該当します。

・内臓からの影響によって症状が出るしくみ

体の中を流れるエネルギー(気の流れ)の乱れ

内臓(消化器系、泌尿器系など)

筋肉

痛み、しびれ

内臓からの影響によって症状が出るのは、基本的に気の流れが大元の原因ですから、痛み、しびれの出ている筋肉を直接ほぐすような施術をしても、症状は改善しにくいです。

気の流れというと、なじみがなくて怪しい感じを受ける人もいるかもしれません。

でも、古くからある東洋医学は、気の流れの乱れを整えることを目的に施術を行っています。

東洋医学と言えば、鍼灸、漢方薬が該当しますね。

しかし、本当に気の流れを整えて症状を改善させることは難しく、日本で出来るのは少なく一握りの人しかいないでしょう。

ほとんどの人がなんとなく鍼を打ったり、灸をやっています。

それから、漢方薬を処方するのも、本来気の流れを整えるための手段なのですが、西洋医学の影響があるのかしれませんが、病名に対して漢方薬を処方しています。

このようなことがあるため、なかなか症状が改善しないことも少なくないのです。

当院では、主に腕と脚を調整することによって、気の流れを整える施術を行っています。

気の流れを整えることが出来れば、症状が早期に改善することも少なくありません。

※腰椎の骨折、腫瘍よる腰痛は、整形外科の範囲ですので説明は省きます

ただ、腫瘍よる腰痛について興味あるサイトを見つけましたので、参考にして下さい。

悩ましい脊髄腫瘍

腰痛(ヘルニア)の手術

腰痛の症状がひどくて、整形外科で手術を受ける人がいます。

手術してめでたく症状が改善する人もいるようですが、まったく症状に変化がない人、手術してしばらくは症状が改善していても症状が戻ってしまうという人もいます。

まったく症状に変化がない人や症状が戻ってしまった人は、あまり手術をしても意味がなかったということになります。

そういったことがあるせいか知りませんが、アメリカだったかどうかは定かではありませんが、椎間板ヘルニアになっても手術をしない例が多いようです。

日本も以前と比べて手術をする比率が減ってきてはいますが、それでもまだ他の国に比べてヘルニアの手術の数は多いようです。

腰痛(椎間板ヘルニア)の手術にメリットはほとんどない

手術をした場合いろいろと後遺症が出る可能性があります。

それは、手術をした場所の組織が癒着を起こすことです。

組織が癒着を起こすと、体の他の部分に影響があります。

組織が癒着をしていると、まず皮膚の移動が制限されます。

特に組織の癒着が大きいと、皮膚の移動の制限がかなり大きくなりますので、手術前に出来ていた動作がしにくくなるということも出てきます。

それだけならまだしも、組織の癒着の影響で他の症状が出てくることもあります。

例えば、肩こり、首の痛み、手のしびれなどです。

組織の癒着によって内臓の機能に影響が出て、その結果肩こりなどの症状が出るわけです。

腰痛や坐骨神経痛の症状が改善していないのに加えて手術による後遺症まで出たのでは、まったく無駄な手術で身体に傷が付いただけだということになってしまいます。

どんな病気や怪我でも、基本的に命の危険がある時や自然治癒が難しい場合に手術が必要なだけです。

ヘルニアと診断されて手術をした場合としない場合を比較しても、5年経った時にはほとんど同じだというデータもあります。

ですから、手術を勧められたしても少し考えた方がいいと思います。

腰椎椎間板ヘルニア関連記事
ヘルニアなど骨に異常のある方は、整体施術を受ける時注意が必要です