足のむくみ改善

足のむくみというと、立ちっぱなしの仕事をされる女性が多いですが、男性も同じように立ちっぱなしの仕事や同じ姿勢の仕事などを長時間続けると、足のむくみの症状が出る人もいます。

よく足のむくみは、立ちっぱなしの仕事や同じ姿勢を続けたことが原因だと言われています。
しかし、立ちっぱなしの仕事や同じ姿勢を続けても足のむくみが出ない人もいます。

ですから、立ちっぱなしの仕事や同じ姿勢を続けて、足のむくみが出るのは原因ではなく、あくまでも症状が出るきっかけになっているだけです。

その他のきっかけとしては、身体の疲労、エアコンなどによる冷え、ストレスや、足を締め付けるような靴や下着、極端にヒールの高い靴などが上げられます。

足のむくみは、下半身の血行不良が原因のことが多いのです。
その下半身の血行不良が起こる原因としては、下肢の筋肉・筋膜などの異常な緊張や股関節のねじれなどあげられます。

そして、下肢の筋肉・筋膜などの異常な緊張や股関節のねじれなどの原因は、過去の病気や怪我などの後遺症などがあります。

ですから、慢性的な足のむくみを改善させるためには、上記の原因を一つひとつ調整していく必要があります。

足のむくみの施術

足のむくみを改善させる施術法といいますと、脚に直接触れて脚のリンパの流れを良くするような方法や、脚の硬くなった筋肉をほぐすことによって、リンパの流れを良くする方法などがあります。
確かにこのような方法もリンパの流れが良くなり足のむくみは改善されます。

しかしこのような方法ですと、足のむくみの症状の改善の持続性が短いようですので、症状がひどい人はひんぱんに施術をする必要があるようです。

ですから、施術効果を長続きさせるためには、全身の骨・筋肉などのバランスを調整する必要があります。

ただし、全身の骨・筋肉のバランスを調整しても、その調整効果の持続性が短いようですと、足のむくみの症状の改善具合の持続性に難が残ります。
当院の骨格調整は持続性に優れておりますので足のむくみの症状の改善も持続性あります。