不眠症

不眠症は

  • 寝付きが悪く眠れない(入眠困難)
  • 眠りが浅く途中に何度も目覚める(中途覚醒)
  • 早朝に目が覚め、その後眠れない(早朝覚醒)
  • どんなに寝ても目覚めがスッキリしない(熟眠障害)

など様々な症状があります。

不眠症の原因

不眠症の原因は

・精神的ストレス(人間関係など)

・身体的ストレス(睡眠中の痛み、、かゆみ、尿意など)

・環境(温度、湿度、騒音など)

・生活習慣

などが言われています。

当院の考え

精神的ストレス、身体的ストレス、環境、生活習慣などは、確かに不眠になる原因にはなると思います。

しかし、これらのことは、2次的な原因です。

一次的原因は別なところにあります。

それは、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りです。

“気”とは、体の内外を流れるエネルギーのことです。

東洋医学では、“気”の流れが悪くなって滞るようになると、心や体に影響が出ていろいろな症状につながるとしています。

不眠症の対処法

病院での対処法

病院での対処は、薬物療法(睡眠薬、抗うつ剤、抗精神病薬、漢方薬など)が中心になります。

そして、認知行動療法などの方法も補助的に行われます。

薬物療法は、症状にたいして効果を表わしますが、副作用があります。

また、長期に渡って薬を服用した場合、だんだんと効かなくなるということが出てきます。

そのため、それを嫌って病院以外の対処法(民間療法)と試す人も少なくありません。

民間療法での対処法

民間療法には

・アロマテラピー

・音楽療法

・サプリメント

・整体、カイロプラクティック、あんまマッサージ、鍼灸

・カラーセラピー

などいろいろな方法があります。

いろいろな方法を試したとしても、“気”の流れの滞りが整わない限り、不眠の症状は改善していきません。

整体、カイロプラクティックなどでは、体のゆがみの影響で、首・肩の筋肉が緊張しているため、不眠の原因になっていると言う人もいます。

しかし、体の歪みは不眠とは関係ありません。

ですから、体の歪みを整えるために、背骨などの骨格の矯正や筋肉の調整をしても、不眠は改善しにくいです。

なぜかと言うと、骨格の矯正や筋肉の調整では“気”の流れの滞りを整えることができないからです。

不眠症関連記事
不眠症は運動不足が関係がある?