初めての方は必ずお読みください

手のしびれQ&A

手のしびれ女性

 

Q. 手の指にしびれがあるのですが、ヘルニアですか?

整形外科を受診してMRIを撮って首の骨にヘルニアが見つかると、頚椎椎間板ヘルニアだと診断されることがあります。

確かに、首の骨からは手の指に行っている神経が出ていますので、その首の部分にヘルニアが見つかると、しびれの原因だと診断しても不思議ではないです。

しかし、首にヘルニアが見つかったからといって、必ずしも手の指のしびれの原因だとは限りません。

首の部分にヘルニアがあっても、手の指にしびれがない人もいます。

逆に、首にヘルニアがなくても、手の指にしびれが出る人もいます。

ですから、手の指のしびれの症状と頚椎ヘルニアとはほとんど関連性はないと思います。もちろん、本当に頚椎椎間板ヘルニアが原因で手の指がしびれている場合も、ゼロではないと思います。

手のしびれ原因

西洋医学では、手にしびれが出るのは

・頚椎椎間板ヘルニア

・胸郭出口症候群(斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群、過外転症候群)

・手根管症候群

・肘部管症候群

・ギヨン管症候群

などが原因として挙げられています。

これらは、基本的に神経、血管が筋肉などに圧迫されて、手にしびれが出るという理屈です。

そして、整形外科では症状が軽い場合は、保存療法(薬物療法、物理療法など)を行います。

症状が重症の場合は、神経、血管の圧迫を解放する手術が行われます。

しかし、手術をしても症状に変化が見られない場合も少なくありません。

そのようなことがありますので、当院では、神経、血管が筋肉などに圧迫されても、しびれは起きないと考えております。

では、手にしびれが起きるのはどうしてなのでしょうか?

それは、筋肉にできる硬いしこりが関係しています。

筋肉が緊張し、硬くなったしこりが一定以上の緊張が強まって、それが引っ張られることによって、手にしびれが起きます。

そして、筋肉にできる硬いしこりは、内臓からの影響によるものです。

さらに、内臓に対して影響していることがあります。

それは、東洋医学で言われる“気”の流れです。

“気”と言うと、なじみがない人もいるかもしれませんが、体の内外を流れるエネルギーのことです。

このエネルギーが滞ることによって、内臓が機能低下するため、筋肉に対して影響がありその結果筋肉が緊張してしこりができます。

手のしびれの施術

筋肉の緊張が強まり、硬いしこりが引っ張られて、手にしびれが起きるわけですが、大元の原因は“気”の流れの滞りにありますので、当院では“気”の調整を行って手のしびれに対応しております。

整体の施術方法

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com