初めての方は必ずお読みください

うつ病

うつ病

 

症状

症状の出方は、精神的症状と身体的症状の両方出る場合、精神的症状のみの場合などと人によって違います。

精神的症状

・気持ちが落ち込む

・憂うつになる

・物事に対して興味がない

・やる気がおきない

・悲しい気持ちになる

・集中力が続かない

など後ろ向きな感情が起きやすくなります。

身体的症状

・不眠

・めまい

・疲れやすい

・食欲がわかない

・動悸

・頭痛、頭が重い

などがあります

原因

うつ病の原因は、以下のようなことが言われていますが、はっきりしたことは分かっていないようです。

内的要因

性格、考え方

・真面目

・感情を表に出せない

・自意識過剰でまわりの目が気になる

・責任感・義務感が強い

・自己責任の意識が強すぎる

身体的要因

・脳内の神経伝達物質であるセロトニンの不足

・内臓疾患(がん・糖尿病・高血圧など)

・ホルモン分泌の変化(生理、妊娠、出産、更年期)

外的要因

仕事上の問題

・就職、栄転、昇進、転勤、失業、単身赴任、退職、仕事上の失敗

経済的問題

・事業、投資の失敗など

家族、家庭、環境などの問題

・家庭内の不和・緊張、子供の結婚や自立、受験など

・環境の変化(引っ越し、旅行など)

当院が考えるうつ病の原因

上記したような事がらが、一般的に言われているうつ病の原因です。

しかし、当院では上記のようなことがうつ病の原因とは考えていません。

当院では、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りがうつ病の症状がおきる原因だと考えています。

“気”の流れは、簡単に言えば体の内外を流れるエネルギーのことです。

エネルギーの流れが影響して、気持ちが落ち込んだり、不眠、めまいなどの症状が起きているわけです。

うつ病の対策法

病院でのうつ病の対処法

・薬による治療

・精神療法

・休養

以上の3つが基本になっています。

補助的に電気けいれん療法を行ったり、また病院によっては磁気を使った治療法、芸術療法、音楽療法、ヨガなどを取り入れているところもあります。

薬を使った治療法

うつ病の薬を使った治療法では、抗うつ薬が中心になっているようです。

うつ病は、脳内神経伝達物質であるセロトニンが不足することが原因だとされているため、不足しているセロトニンを増やすことを目的として治療が行われています。

その他、抗不安薬、睡眠薬、気分安定薬なども症状に合わせて使われます。

精神療法

精神療法は、薬物療法で治療して症状が改善した場合でも、心理的な問題が残っていると再発する可能性があるため、それを防止する目的で行われるようです。

その方法として

・一般的(支持的)精神療法

・認知療法

・行動療法

・対人関係療法

などが行われます。

休養

うつ病への処置において、休養をとるのが1番効果があるとされています。

休養を取る時は、仕事のことを考えない、家事を休む、負担を減らすなどのことが重要視されています。

他の整体院での対処法

他の整体院では、うつ病に背骨などの骨格の問題(体のゆがみ)、筋肉の過緊張(特に首、背中の筋肉)が関係しているとして骨格の矯正、筋肉の調整をする施術所が少なくありません。

確かに、骨格の矯正、筋肉の調整をすると、筋肉の過緊張が緩和し気持ちが楽になったり、体の症状が和らいだりします。

しかし、骨格の矯正、筋肉の調整は神経に対する調整なので、持続性に問題があります。

持続性に問題があると、うつ病の症状が改善しにくくなります。

当院でのうつ病の対処法

上記したようにうつ病の症状は、東洋医学で言われる“気”の流れの滞りが原因です。

骨格の矯正、筋肉の調整は、神経の調整は出来ますが、“気”の流れの滞りを整えることは出来ません。

ですから、うつ病に対処するには、骨格の矯正、筋肉の調整をするのではなく、“気”の流れの滞りを整えていくことが重要なのです。

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com