アプライド・キネシオロジーとPRYバランス療法の違い

  • HOME »
  • アプライド・キネシオロジーとPRYバランス療法の違い

整体の流派はたくさんありますが、体の歪み具合に合わせて施術をしていくという手法を取る流派があります。

こういった手法をとる流派は、わりあい多いように思います。

例えば姿勢の改善する施術する場合ですと、姿勢に関連する筋肉や椎骨などを調整し、また腸骨が開いていたり閉じていたりすれば、腸骨に関連する筋肉や骨などを調整するというような具合です。

こういった手法は、施術するには確かにわかりやすい方法かと思います。

腸骨の開閉を調整すれば、骨盤に乗っている脊椎もそれに合わせて調整されますので腰痛・肩こり・首の痛み・頭痛などの症状も軽減されます。

私も以前は、そのように体の歪みを調べてそれに合わせて操法をやっていました。

しかし、現在は施術前後に体の歪みは一応診ますが、体の歪み具合に合わせて施術をするということはありません。

椎骨を一つひとつ押圧して、体が一番整う椎骨を施術する部位と決定しその関連する所を施術するというスタイルに変わりました。

私がやっているスタイルの施術方法は、“気”の概念を用いた施術方法です。

“気”の概念を用いた施術方法は、アプライド・キネシオロジー(AK)を初めとして、アプライド・キネシオロジー(AK)から派生したキネシオロジー関連の施術法などに多く見られます。

しかし、同じ“気”の概念を用いた施術方法でもPRYバランス療法とアプライド・キネシオロジー(AK)関連の施術法とは大きな違いがあります。

アプライド・キネシオロジー(AK)やキネシオロジー関連の施術法では、体の機能が落ちていると思われる所をTL(触れる)すると、筋肉テストでインジケーター筋が弱くなります。

そして、筋肉テストでインジケーター筋が弱くなった部位を施術部位と決定します。

一方PRYバランス療法では、体のゆがみが一番整う所を施術部位と決定します。

ですから、アプライド・キネシオロジー(AK)などとPRYバランス療法ではまったく違う施術方法になるわけです。

PAGETOP
Copyright © PRYバランス療法  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.