B操法・C操法

  • HOME »
  • B操法・C操法

PRYバランス療法にはA操法以外にB操法、C操法という手法もあります。

B操法

B操法は、筋膜を調整して体の歪みを整えていくという手法です。

筋膜を調整すると言うと、オステオパシー、他の整体などで行われている筋膜リリース(筋膜はがし)がありますが、それらの方法とはまったく違ったやり方で筋膜を調整します。

オステオパシー、他の整体などで一般的に行われている筋膜リリース(筋膜ストレッチ)は、簡単に言えば表面に近い筋肉、筋膜の癒着・拘縮をリリース(解放)する目的で使われます。

表面に近い筋肉、筋膜の拘縮のリリースを行って、骨格調整しやすくするわけです。筋膜リリースはいわゆる予備操作という位置づけで行われることが多いようです。

一方PRYバランス療法の筋膜リリース(B操法)は、オステオパシー、他の整体の筋膜リリースのように予備操作という位置づけではありません。

ですから、B操法の後に骨格調整をすることはありません。なぜ骨格調整をしないかと言うと、その必要がないからです。yosemite

その必要がないわけですから、無理に骨格調整をすることもないわけです。そしてオステオパシー、他の整体などで行われている筋膜リリースは、筋膜操作の技術を習得するのに時間がかかるそうです。

と言うのは、筋膜リリースを行っている時に組織の状態や変化を、正確に感じ取る必要があるようで、その感覚をつかむのが難しいようです。

その理由はいろいろあるようですが、筋膜にアプローチする時の力の入れ具合が鍵になるようです。

もっとも、そのことは手技療法全般に言えることでしょうが。

その点PRYバランス療法の筋膜リリースの操作は、非常に簡単です。

筋膜の操作よりも、むしろ施術部位を探すときに使う検査の方が、練習がある程度必要です。とは言っても、Oリングテスト、フィンガーテスト(FT)に比べれば簡単だと思います。

特にフィンガーテストは難しいようです。途中で挫折してしまう人も多いということも聞きました。

話がそれましたが、とにかくB操法(筋膜リリース)の操作は簡単で効果的な方法です。

それは、筋膜操作をする前の段階の検査で筋操作の刺激の方向、力加減などを見つけるからです。ですからその通り操作をすればいいだけのことです。この操作でつまずく人はまずいないと思います。

最後にB操法の一番の特徴について

いろいろな手技療法がありますが、施術後ある程度時間が経過すると、体が元の状態に戻ってしまいます。ところがB操法の場合は、施術後時間が経過しても体が元の状態に戻りません。と言って、施術後すぐの状態を維持しているわけではありませんが、戻りが非常に少ないです。

ですから、時間の経過と共に体が変化していきます。

時間の経過と共に体が変化していって、症状が改善していきます。

体の緊張が一番緩む部位を操作するというのを、別の言葉で表現すれば、体の中を流れるエネルギーが一番スムーズになるということになるわけです。

ちなみにB操法以外のA操法、C操法も施術後時間が経過しても、体の状態が元には戻りません。

C操法

B操法は、筋膜のリリースをする操法ですが、C操法は筋肉にアプローチする操法です。

C操法(筋肉にアプローチ)の施術の仕方は、

C操法と起始停止テクニックで書いたように、

アプライドキネシオロジー(AK)の起始停止テクニックに工夫を加えたものです。

なぜ起始停止テクニックをそのまま使わないのか、疑問を持つ人もいると思います。

実は、起始停止テクニックをそのまま使ったのでは、施術後時間の経過と共に体の状態が元に戻ってしまうからなのです。

ですから、そうならないように起始停止テクニックに工夫を加えたというわけなのです。

このC操法もB操法と同じように、操作自体はシンプルです。操作はシンプルですが、筋肉の操作をする時に、姿位の設定をする必要があります。

姿位の設定とは、簡単に言えば上肢・下肢の角度を決めることです。

この姿位の設定を行うと、筋肉の緊張が取れやすくなります。この姿位の設定は少し練習が必要かもしれません。かと言って、そんな難しくはありません。練習すれば出来るようになります。

ちなみに、足首の捻挫の整復をする時も、この姿位の設定を行うと整復しやすくなります。

足首の捻挫を整復する時は、姿位の設定とは言わずに、関節の最密位にすると言います。

言葉は違いますが、やることはほとんど同じことです。

PAGETOP
Copyright © PRYバランス療法  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.