腰痛がなかなか改善しない方へ

腰痛女性

 

慢性的に腰痛があって、いろいろな整体、マッサージ、鍼灸などを受けてもなかなか症状が改善しにくい方も少なくないようです。

可児市や多治見市周辺には整体院などがたくさんありますが、どこを選んだら良いのか迷われると思います。

そういった方に当サイトの情報が少しでも参考になれば幸いです。

整体の施術方法

目次

初めての方は必ずお読みください

腰痛Q&A

Q. 腰痛は1回で良くなりますか?

時々電話で腰が痛いのですが、一回で治りますかと聞かれることがあります。 そういう質問には、はっきりいってどう答えていいか返答に困ります。

「一回で良くなることもありますし、何回も施術しなければ良くならないこともあります。 腰の痛みといっても、いろいろな原因がありますのでと答えています。」

多分そういうような事を電話で質問されるのは、整体を一度も受けた経験がなく他の人が どこかの整体を受けたら一回の施術で良くなったという噂を聞かれたのでしょう。

いろいろな所へ治療に行かれた経験のある方は、そういう質問はされません。 確かに私のところでも、一回の施術で良くなったと言われることもあります。

しかし、そんな人ばかりではありません。 何年何十年も経って症状がこじれている場合は、良くなるまでは時間がかかることがあります。 むしろそういうことの方が多いでしょう。 やはり症状がなかなか良くならない方は、それなりの理由があると思います。

Q. たびたび腰が痛くてつらいのですが?

たびたび腰が痛くて辛くなる人は、腰以外のどこかに問題があるのでしょう。

人間は2本の足で立っていますが、筋肉の引っ張り合いでうまくバランスをとっています。

ところが、脚の骨折、足首の捻挫、外科手術、内臓の病気などをしたり内臓の不調があると、その筋肉の引っ張りあいのバランスがくずれます。 怪我、外科手術、病気、内臓の不調、その部分が硬くなるなるために、筋肉の引っ張りあいのバランスがくずれるわけです。 そして、体に疲れがたまってくると、その硬くなった部分が腰のところを引っ張ることによって、腰に痛みが出ます。

整体施術では、その硬くなった部分が解れるような施術をするのが一番大切なことです。 そうすれば、筋肉の引っ張りあいのバランスが回復し、腰の痛みも出にくくなっていきます。

Q. 肥満気味の人は腰痛になりやすい?

腰痛と体型は関係ありません。痩せていても、腰に痛みが出る人もいますし、肥満気味でも腰に痛みが出ない人はいます。

でも、どうして肥満気味だと腰痛になりやすいと言われるのでしょうか? 上半身を支える背骨と筋肉によけいな負担がかかるから、肥満気味の人は腰痛になりやすいというわけなのでしょうか?

そうではないと思います。 体重の重さよりも、筋肉のバランスのほうが大事です。 体重が少ない人でも、筋肉のバランスが悪ければ、腰痛になりやすいですが、体重が多くても筋肉のバランスが悪くない人は腰痛になりにくいのです。

筋肉のバランスが悪いのは、体の中でどこか働きの悪いところがあります。 その働きの悪いところの影響を受けて、筋肉のバランスが悪くなります。 結論として、体重の重さよりも筋肉のバランスが腰痛に関係があるということです。

Q. 背骨や骨盤をボキボキさせる整体はどうですか?

背骨や骨盤をポキポキやってもらうと、関節の周りの組織の緊張が和らぎ一時的に楽になります。

しかし、それを続けると腰の部分に悪い影響があります。 一般的には、関節をボキボキ音をさせる操作をすると、関節が緩くなってしまうと言われています。 でも、その影響は少ないと考えます。

むしろ、それ以上の悪い影響を、腰椎(腰骨)の中を通る脊髄神経に与え、最悪の場合脊髄神経が損傷する恐れがあると考えます。

脊髄神経が損傷されると、神経が麻痺します。脊髄神経から内臓にも神経が行っていますので、 内臓にも影響を与えますし、脚も動かせなくなります。

大げさに言っているわけではありません。 整体で腰を捻られてボキボキされて、脊髄損傷を起こし車椅子になる人もいます。 ですから、背骨や骨盤をボキボキさせる整体は絶対に止めるべきです。

ページ上に戻る

腰痛の原因

腰の痛みが出る原因として

・精神的ストレスによるもの

・外傷によるもの

・薬によるもの

などが考えられます。

精神的ストレスによる腰痛

腰痛は、精神的ストレスが原因の時もあります。

精神的ストレスによって腰痛になるのは

精神的ストレス

自律神経

内臓

大腰筋の緊張

腰痛

という図式になります。

ところが、精神的ストレスを受けても、腰痛にならない人もいます。 そういう人は、ストレス耐性がある人なのでしょう。

しかし、いくらストレス耐性があると言っても、長期間に渡って精神的ストレスを受け続ければ、自律神経が影響を受けて、内臓(大腸)の働きが悪くなって限度を越えれば、腰痛が出てきます。

また、元々内臓の働きの悪い人は、精神的ストレスを受けると、大腰筋が緊張し腰痛になりやすくなります。 ですから、誰でも精神的ストレスによって、腰痛になる可能性があるということです。

外傷による腰痛

腰を強くぶつけた、重いものを持ち上げた時に腰に痛みが走った、また、骨盤、腰椎を骨折したなど腰の部分に直接外からの力がかかって腰に痛みが出るというものです。

これらの外傷による腰痛は、たとえ腰の骨を骨折したとしても、痛みが出ているのはすべて軟部組織(筋肉、筋膜、靭帯、関節包など)からです。

骨が折れると腰の痛みがひどいようなイメージがあります。
しかし骨には痛みを感じる神経はありませんので、けっして骨が痛いということはありません。

外傷と言っても、手足などの怪我の影響で起きる場合もあります

誰でも、手足の骨折または足首の捻挫、肉離れなどの怪我を一度くらいは経験します。 怪我をしても、その時の痛みなどの症状自体は、割と早くなくなります。

痛みなどの症状がなくなっても、その後の影響が大きいです。 現在、腰痛などの症状のある人は多かれ少なかれ、過去の手足の怪我の影響が出ている人が多いと考えられます。

手足の骨折または足首の捻挫、肉離れなどの怪我の影響で、腰痛などの症状が出るのは、怪我した部位の組織が回復していないからです。 組織の回復というのは、痛みなどの症状が無くなることではありません。

怪我をした部位は、瘢痕組織になります。 瘢痕組織とは、簡単に言えば傷跡です。 傷跡の部分は硬くなっていて、伸びにくくなります。 伸びにくくなると、皮膚、筋肉などの軟部組織の移動がしにくくなりますので、そのことが原因で体のあちこちに影響を与え、その結果腰痛になりやすくなります。

腰痛と薬

腰痛でまったく動けない期間が長い人がいます。 そういう人は、精神的ストレス、肉体的な疲労、過去の怪我の影響があると思います。

でも、腰痛が悪化するのは、それだけではありません。 内臓の働きが悪くなって、動けなくなるほどのひどい腰痛になることもあります。 内臓の働き悪くなる原因として、消炎鎮痛剤などの薬の常用もあります。

腰痛が出るたびに、消炎鎮痛剤などの薬の服用を続けるうちに内臓の働きが悪くなり、 腰の状態がだんだん悪くなっていくというわけです。

皆さん腰痛が出ると、気軽に痛み止めの薬(消炎鎮痛剤)を服用しています。 しかし、消炎鎮痛剤は、内臓に影響を与えるから、常用しないようにして下さいと言っている医師もいるくらいですから、作用もありますが副作用も大きいのです。

ですから、腰痛が出ても症状がひどいうちは仕方ない面もありますが、症状が軽くなってきたら、なるべくなら痛み止めの薬(消炎鎮痛剤)の服用は控えた方がよろしいかと思います。

ページ上に戻る

体の歪みがあると腰痛が出る?

一般的には、体が歪んでいると腰痛をはじめとしていろいろな症状が出ると言われています。

私も過去に習った整体の施術法でもそのように教わりました。

でも、その言葉は、ただの営業トークであって真実ではありません。

「この歪みを放っておくと後で大変なことになりますよ」と半ば脅すようなことを言って通わせるような悪徳な整体院もあります。

でも、体に歪みがあってもそのようなことはありませんので、そのような言葉は信用しないで下さい。

メンテナンスと称して定期的に通うように勧めてきますが、歪みが改善することは難しいでしょう。

なぜかと言うと、そのように勧めてくる整体院の施術は、ほとんどが背骨などの骨格を矯正したり、筋肉を調整して体の歪みを改善しようとする方法だからです。

骨格の矯正、筋肉の調整は、神経に対する調整ですので施術効果が一時的で時間が経てば戻ってしまいます。

定期的に通ったとしても体の歪み・腰痛は改善しにくいのです。

体の歪み・腰痛などの症状は、神経が関係しているのではなく、東洋医学で言う“気”の流れの滞りが関係しています。

ですから、“気”の流れの滞りを調整していくと、体にある内臓などの器官の機能も高まり腰痛も改善しやすくなります。

ページ上に戻る

重い物を持った時腰が痛くなる時とならない時の違いは?

重い物を持った時に腰を痛めることがあります。

でも、普段仕事などで重い物を持つ機会が多い人の場合、いつも腰が痛くなるわけではないと思います。

調子がいい時は、なんともないはずです。

では、なぜ腰を痛めると痛めない時があるのでしょうか?

油断していたから?

筋肉に疲れがたまっていたから?

どちらも違います。

腰を痛めた時は、内臓からの反射が起きた時なのです。

筋肉は、内臓と関連があるため、内臓の調子が悪い時は常に内臓から影響を受ける(反射が起きる)可能性があるので、防ぎようがないわけです。

ですから、予防のために普段からストレッチ、体操などをしていたり、重い物を持つ時の動作に気をつけていても腰の痛みは出ます。

ページ上に戻る

腰痛の再発

腰痛の再発ということはよくあることです。

でも本当は、再発ではなくて腰痛になる原因がまだ残っているということです。

もし何度も何度も腰痛を繰り返すということは、原因になるものがなにも変わってない可能性があります。

薬を飲んで痛みを止めたり、痛みを取るだけの整体施術を受けている場合は、そうなりやすいです。

逆に、今までと違って腰痛が出る回数が減っていれば、原因となるものが改善されてきていることになります。

例えば、腸の調子が悪くて便秘がひどい場合は、腰痛を起こしやすいので、整体を受けることによって腸の調子が上向いてくれば、便秘の状態も変わっていきますので、腰痛を繰り返すことも減っていくでしょう。

筋・筋膜性腰痛と言われる筋肉の微小な損傷による腰痛の場合は、一過性の腰痛ですから何度も繰り返すことは少ないと思います。

ただ、激しいスポーツをやっている場合は別です。

ページ上に戻る

特定の動作によって腰に痛みが出る

・腰を反らした時に痛みが出る
・腰を前に倒した時に痛みが出る
・腰を捻ると痛みが出る
・腰を横に倒すと痛みが出る

腰を動かした時に痛みが出る動作には、上記したように4種類の動作があります。

腰を反らした時に痛みが出る

この動作をした時に腰の痛みが出るのは、体の前面特に胸の筋肉、筋膜などが緊張していることが、原因の時があります。

ですからそういう場合は、上体を丸くした姿勢にすると、腰を反らした時の痛みが若干薄らぐことがあります。
ですが、基本的には腰を反らす時に働く筋肉の緊張によって腰に痛みが出ます。

腰を前に倒した時に痛みが出る

この動作をした時に腰の痛みが出るのは、体の後面特に腰より上の背中の筋肉、筋膜などが緊張していることが、原因の時があります。

その時は、胸を開くような姿勢にすると、腰を前に倒した時の痛みが薄らぐことがあります。 しかし、これも基本的には腰を前に倒す時に働く筋肉の緊張によって腰痛が出ます。

腰を捻ると痛みが出る

この動作をした時に腰に痛みが出るのは、腰の捻る時に働く筋肉の緊張による痛みです。

腰を横に倒すと痛みが出る

この動作をした時に腰に痛みが出るのは、腰を横に倒す時に働く筋肉の緊張による痛みです。

上記したように、筋肉はそれぞれ体を前後に倒した時、捻る時、横に倒す時に働く筋肉があります。

具体的に施術する方法としては、例えば、腰を前に倒した時と横に倒した時に痛みが出るとしたら、腰を前に倒す時に働く筋肉と、横に倒す時に働く筋肉を調整すれば、腰の痛みは改善されます。

ただ実際の施術では、この考え方を応用した方法で体の調整を行います。

ページ上に戻る

腰痛のセルフケアについて

インターネット、本などに、腰痛を防ぐセルフケアの情報が載っています。 その方法の主だったものを上げてみます。

・猫背にならないように気をつける

・イスに座る時に脚組みをしない

・立っている時に片足荷重にならないように、両足に荷重をかける

・肩掛けバッグを肩にかける時は、片方の肩ばかりにかけずに時々は反対側にもかける

などです。

上記のことを要約すると、偏った体の使い方をしないということのようです。

しかし、上記のことに気をつけたとしても、けっして腰痛の予防にはなりません。

猫背など姿勢が悪くなった人が、姿勢を正そうとすると、かえって体に負担になり腰を痛めてしまいます。

また、イスに座る時に足を組むのも、体が楽だからその姿勢をしているのです。 それを無理に足を組まないようにまっすぐすわると、逆に体に負担になります。

ですから、結論としては腰痛セルフケアと称してなにかするよりも、自然にしているのが一番です。

ページ上に戻る

Copyright(c) 2013 可児市の整体 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com