腰椎椎間板ヘルニアがあると腰痛が起きる?

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアは体の歪みが関係している?

腰椎椎間板ヘルニアは、体の歪みからくるという説があります。

ですから、歪みを調整していけば、椎間板ヘルニアの改善していくというわけです。

ヘルニアは体の歪みからきているわけではありません

腰痛、足の痛み、しびれなどの症状がある時は、確かに体が大きく歪んでいます。

体が大きく歪んでいるため、痛みから逃れる姿勢(逃避性の姿勢)だという人もいます。

整体師、カイロプラクターなどの施術者は、体を調整して体の歪みが変化するためなのかどうかは知りませんが、様々な症状が体の歪みからきていると考える傾向があります。

でも、体の歪みは結果であって、症状の原因ではありません。

腰椎椎間板ヘルニアなど骨の異常と腰痛は関連がありません

ヘルニアなど骨の異常があると腰痛が出ると考えている人が少なくありません。

なぜでしょうか?

それは、西洋医学で腰骨(腰椎)に変形があると、神経を圧迫して痛み、しびれなどの症状が出ると発表しているからです。

そのような発表があれば、メディア(テレビ、新聞、雑誌、ブログなど)で拡散されますから、それを見た人は信じてしまいます。

しかし、実際は違います。

骨の異常があって、神経が圧迫されていても、痛みなどの症状は出ません。

なぜなら、いわゆる保存療法(マッサージ、温める、電気を流すなど)を行うと、症状が楽にあることがあるからです。

当整体院の考え

腰の痛み、しびれなどが出るしくみ

“気”の滞り

内臓の機能低下

腰、足の筋肉など組織の緊張が高まる

腰の痛み、しびれなどが出る

上のように、腰の痛み、足のしびれなどの症状は、骨の異常が関係しているのではなく、内臓機能の低下の影響によって筋肉などの組織の緊張が強くなり起きています。

そして、内臓機能の低下は、“気”(体のエネルギー)の滞りが関連しています。

ですから、“気”の滞りを整える調整をしてけば腰の痛みやしびれに対処できます。

ヘルニアなど骨に異常のある方は、整体施術を受ける時注意が必要です

腰が痛いという人の中で、ヘルニアなど骨自体に異常がある場合があります。

そういう人は、整体やカイロプラクティックの施術を受ける場合注意が必要です。

骨に異常がある腰痛の人に荒療治は危険

整体やカイロプラクティックの施術院の中には、体をひねって施術をしたり、腰に対して強い力をかけて施術をするところがあります。

ヘルニアなど骨に異常がある人に対して、そういう施術をすると腰痛が悪化してしまって取り返しがつかないことになるケースがあります。

実際にそういう施術を受けられて脊髄が損傷して車椅子生活になる人もいます。

病院を受診されてMRIなどで骨に異常がないということを確認された場合は、そういう施術を受けられてもそのようなことになる可能性は、少ないと思います。

整体やカイロプラクティックの施術院では、骨に異常があるかどうかを調べることができません。

いくら名人、達人クラスの施術師でも、体を触って骨の異常が分かる人はいないと思います。

体の中を透視出来る人なら話は別ですが、普通の人にはできない芸当です。

ですから、腰痛になってMRIなどで骨の確認をされてない人は注意が必要です。

当整体院では、体をひねったり、腰に対して強い力を使って施術するようなことをやっていませんので、安心して施術を受けていただけます。

タイトルとURLをコピーしました